「みかわ工房」のトップ画面に行く、タグ

「紫式部日記」のひな雛飾り

「紫式部日記」セットは、雛飾りが付いているのも魅力です。1つ1つを手作りした、かわいい物ばかりです。

袋を開けますと、1対の狛犬と、2組の貝合わせがでてきます。二つとも子供の誕生には欠かせないものとして昔から伝えられてきたものを、バランスを考えてこのような大きさと色調にしました。

袋を開けますと、1対の狛犬と、2組の貝合わせがでてきます。二つとも子供の誕生には欠かせないものとして昔から伝えられてきたものを、バランスを考えてこのような大きさと色調にしました。


狛犬(こまいぬ)は、古くから生まれた子供の枕元に飾って魔除けにしたり、元々犬が多産な事もあって子孫繁栄を願ったものだそうです。よこ5×高さ3cm

狛犬(こまいぬ)は、古くから生まれた子供の枕元に飾って魔除けにしたり、元々犬が多産な事もあって子孫繁栄を願ったものだそうです。よこ5×高さ3cm


それぞれのこま犬には、「松竹梅」を手描き彩色しています

それぞれのこま犬には、「松竹梅」を手描き彩色しています


油灯はこの雛壇のためにサイズと色を調整しまして作りました。9~10cm

油灯はこの雛壇のためにサイズと色を調整しまして作りました。9~10cm


この袋は、清家文香が正絹手染めに桜の花びらを型染めしたものです。(5×8×13cm)表裏地とも正絹で、すべて手つくりしました。

この袋は、清家文香が正絹手染めに桜の花びらを型染めしたものです。(5×8×13cm)表裏地とも正絹で、すべて手つくりしました。


貝の上下には細かい凹凸の雲形や、菊模様が施されていて美しさを高めていると思います。貝合わせは1つ1つが組み合わせが決まっていることもあって、結婚したら相手に対して添いとげる気持ちを表しているそうです。

貝の上下には細かい凹凸の雲形や、菊模様が施されていて美しさを高めていると思います。貝合わせは1つ1つが組み合わせが決まっていることもあって、結婚したら相手に対して添いとげる気持ちを表しているそうです。


屏風はしだれ桜と藤の花を組み合わせて手描きしました。屏風の縁は京都で注文して作ってもらった緞子です。8,5×24,5cm

屏風はしだれ桜と藤の花を組み合わせて手描きしました。屏風の縁は京都の緞子です。8,5×24,5cm