「みかわ工房」のトップ画面に行く、タグ

「紫式部日記」のお雛様の顔

内裏雛の男雛は「享保雛」に習って薄紫色の直衣姿の束帯を備え、手にしゃくを持っています。大きさは手に載るほどの大きさで、高さ6cm程度です。

内裏雛の男雛は「享保雛」に習って薄紫色の直衣姿の束帯を備え、手にしゃくを持っています。大きさは手に載るほどの大きさで、高さ6cm程度です。


女雛は下ぶくれのふくよかな顔をしています。手には扇を持ち暖かい色の十二単を着ています。高さ5,5cm

女雛は下ぶくれのふくよかな顔をしています。手には扇を持ち暖かい色の十二単を着ています。高さ5,5cm


三方を持った官女は中央に座っています。高さ4,5cmで、衣の色合いにはあたかも衣服を重ね着したように、薄い色を幾重にも重ねて風合いを付けております。

三方を持った官女は中央に座っています。高さ4,5cmで、衣の色合いにはあたかも衣服を重ね着したように、薄い色を幾重にも重ねて風合いを付けております。

三方を持った官女は中央に座っています。高さ4,5cmで、衣の色合いにはあたかも衣服を重ね着したように、薄い色を幾重にも重ねて風合いを付けております。

三方を持った官女は中央に座っています。高さ4,5cmで、衣の色合いにはあたかも衣服を重ね着したように、薄い色を幾重にも重ねて風合いを付けております。

1番目にくるのが横笛を持った囃子です。高さ4cmで、茶色の衣を重ね着したような雰囲気を持たせています。

1番目にくるのが横笛を持った囃子です。高さ4cmで、茶色の衣を重ね着したような雰囲気を持たせています。

二番目にくるのが扇子を持った囃子です。高さ4cmで、衣の下地に薄紫の色をあらかじめ入れておいて、重ね着したような雰囲気を持たせています。

二番目にくるのが扇子を持った囃子です。高さ4cmで、衣の下地に薄紫の色をあらかじめ入れておいて、重ね着したような雰囲気を持たせています。

三番目にくるのが小鼓を持った囃子です。高さ4cmで、薄い若草色ような雰囲気を持たせています。

三番目にくるのが小鼓を持った囃子です。高さ4cmで、薄い若草色ような雰囲気を持たせています。

四番目にくるのが大鼓を持った囃子です。高さ4cmで、薄い紫色を重ね着したような雰囲気を持たせています。

四番目にくるのが大鼓を持った囃子です。高さ4cmで、薄い紫色を重ね着したような雰囲気を持たせています。

五番目にくるのが太鼓を持った囃子です。高さ4cmで、明るい青の衣を重ね着したような雰囲気を持たせています。

五番目にくるのが太鼓を持った囃子です。高さ4cmで、明るい青の衣を重ね着したような雰囲気を持たせています。