雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

みかわ工房で制作した手描き彩色の源氏物語絵巻羽子板です。
HOME | なつめ | なつめ雛の始まり
 

和の空間での遊びを再現

フタを開けると、小さなひな祭りが
みかわ工房の「棗(なつめ)雛は、1999年に岡山県真庭市、勝山町の酒蔵「辻本店」で私の個展「土雛展」を開催したとき(2回開催)和の遊びとして提案した雛飾り、道具の一つです。

私は茶道をした事はありませんが、20代の頃、美術を志して住んでいたアパートの家主さんが、茶道と池坊の花をやっていて、お座敷に招かれたり、炭を炭俵から出して切っていましたからその美しさの記憶はあります。
その時に見ていた「なつめ」から、小さいお雛様が出てきたら楽しいかなと思って、写真のような空間を作り上げて、多くの来館者に「和の遊び」として遊んでもらいました。

岡山県・勝山町で「土雛」展を開催

岡山県勝山町の酒蔵「辻本店」の座敷において和の空間に遊びの空間

岡山県、勝山町の酒蔵「辻本店」の座敷において、和の空間に遊びの空間を作り「貝合わせ」「なつめ」「香合わせ」などを自分なり和の遊びを表現してみました。


 
この個展の為に作ったなつめとウサギの耳のような棗入れ

この個展の為に作った、なつめとウサギの耳のような棗入れで、なつめの中から柔らかいふとんに入ったお雛様が出て来るといった演出です。


 
 なつめのバランスを整えたり大きさを調整して「なつめ雛」が完成

その後、なつめのバランスを整えたり、大きさを調整して「なつめ雛」が完成しました。


 
みかわ工房が作る棗の雛全作品

みかわ工房でなつめ雛を作るきっかけについて

棗に描く絵柄について

棗となつめ雛セット

棗となつめ雛に菱餅ぼんぼりを付けたセット

棗に2段飾りのセットを組み合わせ

棗になつめ雛の三段飾りセット