【小さき物の世界】作品集

1つ1つのセットは、一点物です。
各詳細の最後に「カートに行く」があります。

【小さき物の世界】20番の詳細です。 

みかわ工房のお雛様の中でも、大振りの雛人形に大正期に作られた蒔絵箪笥を組み合わせてみました。横幅全体が70〜80cmになり、ぼんぼりまでの高さが30cmになります。奥行きは40cm程度です。

1


みかわ工房のお雛様の中でも、大振りの雛人形に大正期に作られた蒔絵箪笥を組み合わせてみました。横幅全体が70〜80cmになり、ぼんぼりまでの高さが30cmになります。奥行きは40cm程度です。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。家具の重厚な色合いと、鮮烈な赤の布がよく対比していると思います。


雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。家具の重厚な色合いと、鮮烈な赤の布がよく対比していると思います。

雛段のみを正面から撮影しました。横幅32cm高さが30cm奥行き40cm程になります。


雛段のみを正面から撮影しました。横幅32cm高さが30cm奥行き40cm程になります。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。


雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。

内裏雛の拡大写真です。内裏雛の大きさは7cm余りで、檜扇や烏帽子は金箔仕上げにしています。


内裏雛の拡大写真です。内裏雛の大きさは7cm余りで、檜扇や烏帽子は金箔仕上げにしています。

三人官女の拡大写真です。大きさは5cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています。


三人官女の拡大写真です。大きさは5cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。


五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。

屏風も1つ1つが手作りで手描きのものです。大きさは10×36cmです。


屏風も1つ1つが手作りで手描きのものです。大きさは10×36cmです。

大正期に描かれた蒔絵箪笥です。黒い漆の上に金と銀で孔雀などが描かれています。


大正期に描かれた蒔絵箪笥です。黒い漆の上に金と銀で孔雀などが描かれています。

孔雀を描いた部分の拡大写真です。

10


孔雀を描いた部分の拡大写真です。

側面には、蝶が描かれています。

11


側面には、蝶が描かれています。


小箱の前に揃えた物は、こま犬とお椀や湯桶など、お子様がお雛様の前でままごと遊びが出来るようにしてみました。

12


小箱の前に揃えた物は、こま犬とお椀や湯桶など、お子様がお雛様の前でままごと遊びが出来るようにしてみました。

もう一つの小箱は、同じく大正期の長持ちです。箱の4面には孔雀、蝶などと花が描かれています。大きさは12×24cm高さが12cmです。

13


もう一つの小箱は、同じく大正期の長持ちです。箱の4面には孔雀、蝶などと花が描かれています。大きさは12×24cm高さが12cmです。

箱の背面の絵です。

14


箱の背面の絵です。


長持ちの前には三組の貝合わせを揃えました。大きさは5cm、4cm、3cmです。

15


長持ちの前には三組の貝合わせを揃えました。大きさは5cm、4cm、3cmです。

貝合わせの拡大写真です。

16


貝合わせの拡大写真です。


お雛様を並べてゆくところを、動画にしてみました。大きさの目安にしてください。画面右のYouTubeをクリックすると、大きい画面になります。

小箱と、菱餅橘などの拡大写真です。

手描き彩色の桐箱入りです。