「みかわ工房」のトップ画面に行く、タグ

 【小さき物の世界】3番の詳細です。

昭和の雛道具に、丹後ちりめんを染色の清家さんが真っ赤に染めて、その上に小さなお雛様を列べました。

1


昭和の雛道具に、丹後ちりめんを染色の清家さんが真っ赤に染めて、その上に小さなお雛様を列べました。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。全体の横幅が40cmほどで、奥行き18cm、高さが11cmほどの大きさです。

2


雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。全体の横幅が40cmほどで、奥行き18cm、高さが11cmほどの大きさです。

内裏雛の拡大写真です。内裏雛の大きさは3cm余りで、檜扇や烏帽子は金箔仕上げにしています。。


内裏雛の拡大写真です。内裏雛の大きさは3cm余りで、檜扇や烏帽子は金箔仕上げにしています。。

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています


三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

五人囃子の拡大写真です。人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。


五人囃子の拡大写真です。人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。

こま犬と貝合わせです。


こま犬と貝合わせです。

菱餅、桃に橘で、2cm前後に手描き彩色しました。


菱餅、桃に橘で、2cm前後に手描き彩色しました。

こま犬と貝合わせです。大きさは、貝合わせ1,5〜2cm。こま犬が3cm余りです。


こま犬と貝合わせです。大きさは、貝合わせ1,5〜2cm。こま犬が3cm余りです。

内裏雛の拡大写真です。


内裏雛の拡大写真です。

裏雛の拡大写真です。
v

10


内裏雛の拡大写真です。

三人官女の拡大写真です。

11


三人官女の拡大写真です。

三人官女の拡大写真です。

12


三人官女の拡大写真です。

五人囃子の拡大写真です。

13


五人囃子の拡大写真です。

こま犬の拡大写真です。

14


こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。

金地の貝合わせには松と椿を手描きしています。大きさは1,5cmです。

15


金地の貝合わせには松と椿を手描きしています。大きさは1,5cmです。

白地の貝合わせには梅と藤の花を手描き彩色しています。大きさは1,5cmです。

16


白地の貝合わせには梅と藤の花を手描き彩色しています。大きさは1,5cmです。

屏風も1つ1つが手作りで手描きのものです。大きさは5×11cmです。

17


屏風も1つ1つが手作りで手描きのものです。大きさは5×11cmです。

丁寧に作られた蒔絵たんすです。大きさは10×5×11cmです。

18


丁寧に作られた蒔絵たんすです。大きさは10×5×11cmです。

箪笥の中は、4つの引き出しがしっかりと付いています。

19


箪笥の中は、4つの引き出しがしっかりと付いています。

長持ちを開けたところです。大きさは12×5×6cmです。

20


長持ちを開けたところです。大きさは12×5×6cmです。

小さな小箱も、牡丹の蒔絵がしっかり施されています。大きさは5×4×4cmです。

21


小さな小箱も、牡丹の蒔絵がしっかり施されています。大きさは5×4×4cmです。

敷き布に使う丹後ちりめんを拡大してみました。

22


敷き布に使う丹後ちりめんを拡大してみました。


お雛様を並べてゆくところを、動画にしてみました。大きさの目安にしてください。画面右のYouTubeをクリックすると、大きい画面になります。

【小さき物の世界】の雛人形を収める桐箱をご希望の方は、ここをクリックして下さい。

【小さき物の世界】は、この桐箱に入れてお送り致します。