「みかわ工房」のトップ画面に行く、タグ

 【小さき物の世界】5番の詳細です。

大正期の蒔絵たんすと、江戸から明治期に作られた小箱を組み合わせています。お雛様は丹後ちりめんの小紋型染めになっております。すべて手描き、手染めです。

1


大正期の蒔絵たんすと、江戸から明治期に作られた小箱を組み合わせています。お雛様は丹後ちりめんの小紋型染めになっております。すべて手描き、手染めです。

雛壇全体を正面から撮影した写真です。全体の大きさが幅60cm足らずで、高さは18cmです。


雛壇全体を正面から撮影した写真です。全体の大きさが幅60cm足らずで、高さは18cmです。

雛壇のみを正面から撮影しました。五人囃子の色合いが春めいた色をしています。


雛壇のみを正面から撮影しました。五人囃子の色合いが春めいた色をしています。

内裏雛の拡大写真です。背後の屏風、左右の油灯も全てこれに合わせて手作りした物です。大きさは横24cm、奥行き28cm、高さ20cmです。


内裏雛の拡大写真です。背後の屏風、左右の油灯も全てこれに合わせて手作りした物です。大きさは横24cm、奥行き28cm、高さ20cmです。

雛壇をやや斜めから撮影した物です。3つの棒を並べて、その上に丹後ちりめんを赤く染めた布を敷き、内裏雛、三人官女、五人囃子と並べています。


雛壇をやや斜めから撮影した物です。3つの棒を並べて、その上に丹後ちりめんを赤く染めた布を敷き、内裏雛、三人官女、五人囃子と並べています。

明治の小箱とおままごと道具として、塗り椀や文箱を置いてみました。


明治の小箱とおままごと道具として、塗り椀や文箱を置いてみました。

大正期の蒔絵たんすです。前面には竹に鶴が描かれています。大きさは17×10×20cmです。


大正期の蒔絵たんすです。前面には竹に鶴が描かれています。大きさは17×10×20cmです。

よく見ると、側面に松、前面には梅に竹。つまりお目出たい松竹梅が手描きされているのが分かります。


よく見ると、側面に松、前面には梅に竹。つまりお目出たい松竹梅が手描きされているのが分かります。

鶴の拡大写真です。


鶴の拡大写真です。

これは相当に古いもので、江戸末期から明治にかけて作られたものでしょう。

10


これは相当に古いもので、江戸末期から明治にかけて作られたものでしょう。

大きさは12×9×8cmで、内側が古びていましたので、赤く塗っています。

11


大きさは12×9×8cmで、内側が古びていましたので、赤く塗っています。

この手描きの部分を見ていただくと、手仕事の高さがうかがえるものです。

12


この手描きの部分を見ていただくと、手仕事の高さがうかがえるものです。

こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは2,5〜3cmの金地と白地の2種類を用意しました

13


こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは2,5〜3cmの金地と白地の2種類を用意しました

貝合わせの拡大写真です。

14


貝合わせの拡大写真です。

什器と文箱などを拡大写真です。

15


什器と文箱などを拡大写真です。

内裏雛の拡大写真です。大きさは6cmです。

16


内裏雛の拡大写真です。大きさは6cmです。

三人官女の拡大写真です。大きさは5cmです。

17


三人官女の拡大写真です。大きさは5cmです。

五人囃子の拡大写真です。大きさは3,5cmです。

18


五人囃子の拡大写真です。大きさは3,5cmです。

五人囃子の拡大写真です。大きさは3,5cmです。

19


五人囃子の拡大写真です。大きさは3,5cmです。

染色の清家文香さんが染めて、型染めした丹後ちりめんです。

20


染色の清家文香さんが染めて、型染めした丹後ちりめんです。

屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさ24×8cmです。

21


屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさ24×8cmです。

お雛様を並べてゆくところを、動画にしてみました。大きさの目安にしてください。画面右のYouTubeをクリックすると、大きい画面になります。

【小さき物の世界】の雛人形を収める桐箱をご希望の方は、ここをクリックして下さい。

【小さき物の世界】の雛人形を収める桐箱をご希望の方は、ここをクリックしてカートに入れて下さい。