雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 貝合わせセット | 4,江戸小箱、枕草子
 

貝合わせ+小箱セット

アンティークの小箱に貝合わせを入れてみました。

江戸小箱+貝合わせセット、五組十枚

大きさ4cmのハマグリを選び、貝合わせに「枕草子」の場面を描きました。
この貝合わせを入れる箱は、江戸後期に作られた小箱を使い、中には縮緬の袋を収めて、この袋の紐を「ほどく」「ひらく」「ならべる」「仕舞う」といった行為に優雅さを持たせるようにしました。貝合わせの中にお子様の名入れ可能です。
セットの価格6万円 売約済み

江戸後期の小箱に、みかわ工房で制作した白い下地に金箔彩色で描いた枕草子の5シーンを収めています。大きさは13×8×7cmです。

江戸後期の小箱に、みかわ工房で制作した白い下地に金箔彩色で描いた枕草子の5シーンを収めています。大きさは13×8×7cmです。

2組4枚の貝合わせを並べてみました。大きさは4〜6cm程度のハマグリに胡粉白地仕上げ一部金箔雲形仕上げにしています。

2組4枚の貝合わせを並べてみました。大きさは4〜6cm程度のハマグリに胡粉白地仕上げ一部金箔雲形仕上げにしています。

3組6枚の貝合わせを並べてみました。大きさは4~6cm程度のハマグリに胡粉白地仕上げ一部金箔雲形仕上げにしています。

3組6枚の貝合わせを並べてみました。大きさは4~6cm程度のハマグリに胡粉白地仕上げ一部金箔雲形仕上げにしています。

格子の外で音がするので、清少納言は立ち上がって障子を開けてみると、足もとには竹の枝が置かれていた。

格子の外で音がするので、清少納言は立ち上がって障子を開けてみると、足もとには竹の枝が置かれていた。

枕草子「無名の琵琶」のシーン。「無名という琵琶」の名器を中宮が弾いている様子を清少納言が見にいってみると、ただ触っている程度であったがその姿が美しいと述べている

枕草子「無名の琵琶」のシーン。「無名という琵琶」の名器を中宮が弾いている様子を清少納言が見にいってみると、ただ触っている程度であったがその姿が美しいと述べている

朝起きてみると、外は一面の銀世界。2人の侍は雪だるま作りに夢中。中から几帳越しに見ているのは清少納言か?

朝起きてみると、外は一面の銀世界。2人の侍は雪だるま作りに夢中。中から几帳越しに見ているのは清少納言か?

ここは中宮の寝所。畳の上に座って外を見ている中宮の脇には、硯箱があり、一方では桧扇をかざしているのが清少納言。

ここは中宮の寝所。畳の上に座って外を見ている中宮の脇には、硯箱があり、一方では桧扇をかざしているのが清少納言。

火鉢の前には関白道隆。御簾の下でこちらを向いているのが淑景舎

火鉢の前には関白道隆。御簾の下でこちらを向いているのが淑景舎

優雅な手書きの蔦文様が描かれた江戸の小箱、大きさは13×8×7cmです。

優雅な手書きの蔦文様が描かれた江戸の小箱、大きさは13×8×7cmです。

みかわ工房の貝合わせセットをすべて掲載しているページタグです。

タグー江戸の小箱と貝合わせについて詳しく説明しています。

タグー伊勢物語を貝合わせにしました

みかわ工房の特製桐箱貝合わせセットについて説明しています。

みかわ工房の江戸の小箱2について解説しています。
売約済み

みかわ工房が作る江戸の小箱3について説明しています。

タグー四季の花を描いた貝桶セットについて、詳しく説明しています。

みかわ工房が明治の小箱とかについて解説しています。

みかわ工房が作る江戸の小箱4について説明しています。

タグー四季の花を描いた貝桶セットについて、詳しく説明しています。

タグー四季の花を描いた貝桶セットについて、詳しく説明しています。

源氏物語絵巻五十四帖の貝合わせセットについて解説しています。