雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

HOME | 貝合わせセット | 2,江戸小箱+貝合わせ

貝合わせ+小箱セット

アンティークの小箱に貝合わせを入れてみました。

貝合わせ5組を小さな江戸小箱に入れてみました。

わずか大きさが2,5cmのハマグリに、「源氏物語絵巻」を手描き彩色して、箱も小箱と呼ぶにふさわしい江戸小箱(7cm×10cm×6cm)の中に納めてみました。75,000円(税込み価格)小箱、貝袋、貝合わせ5組

江戸小箱から小さな貝合わせを出して、並べてみたところです。

江戸小箱から小さな貝合わせを出して、並べてみたところです。

カートタグ
保存状態も完璧で、京都で作られた雛道具になります。大きさは7cm×10cm×高さ6cmです。

保存状態も完璧で、京都で作られた雛道具になります。大きさは7cm×10cm×高さ6cmです。

箱を開くと、5組の貝合わせが貝合わせは痛まない様にピンクの袋に納められています。

箱を開くと、5組の貝合わせが貝合わせは痛まない様にピンクの袋に納められています。

箱から袋を出したところです、箱の内側は京唐紙が張られています。

箱から袋を出したところです、箱の内側は京唐紙が張られています。

小箱の袋から五組の貝合わせを出してみました。大きさは2,5cm程の小さなハマグリです。

小箱の袋から五組の貝合わせを出してみました。大きさは2,5cm程の小さなハマグリです。

五組の貝合わせを並べてみたところです。10枚の貝合わせは小さくても豪華ですね。

五組の貝合わせを並べてみたところです。10枚の貝合わせは小さくても豪華ですね。

源氏物語「末摘花」都を去る事になって、旅立つ前に知り合いの所を訪れ語り合っている内に、とうとう夜が明けそうな気配になってきました。

源氏物語「末摘花」都を去る事になって、旅立つ前に知り合いの所を訪れ語り合っている内に、とうとう夜が明けそうな気配になってきました。

源氏が紫の上の君の部屋の前を通ると部屋の中では、紫の上の君が待ちくたびれている様子を見て愛おしくなり、几帳越しに笛を吹いてなぐさめているシーン

源氏物語「紅葉賀」源氏が紫の上の君の部屋の前を通ると部屋の中では、紫の上の君が待ちくたびれている様子を見て愛おしくなり、几帳越しに笛を吹いてなぐさめているシーン

庭に藤の花が満開の日に、内大臣は自分の娘を夕霧に託す意味をこめて、藤の花を歌に詠んでその意を伝えようとしています。

源氏物語「藤裏葉」庭に藤の花が満開の日に、内大臣は自分の娘を夕霧に託す意味をこめて、藤の花を歌に詠んでその意を伝えようとしています。

明石を訪れていた源氏は、いよいよ京へ戻る事になります。この日も明石の君のもとへ行って琴を吟ずる明石の君を見ながら、愛おしく思っているところ

源氏物語「明石」明石を訪れていた源氏は、いよいよ京へ戻る事になります。この日も明石の君のもとへ行って琴を吟ずる明石の君を見ながら、愛おしく思っているところ

お正月に明石の君のもとへお年賀に出かけますと、そこに母様より新年の品物が届けられており、そこで源氏は母の元へ便りを書くよう進めています

源氏物語「初音」お正月に明石の君のもとへお年賀に出かけますと、そこに母様より新年の品物が届けられており、そこで源氏は母の元へ便りを書くよう進めています

カートタグ