雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

HOME | 貝合わせセット | 2,古式貝桶+貝合わせ3組セット

貝合わせ+小箱セット

アンティークの小箱に貝合わせを入れてみました。

私が以前東京の三井記念館でみた「三井家のおひなさま」展に出品されていた三井高公の一人娘・浅野久子様の所有されていた、小さい貝合わせと貝桶を参考にして、自分なりに小さい貝桶を木工所に依頼して、この貝桶の表に四季の花を手描きして、この中に入る3組6枚の貝合わせを作ってみました。
7,5万円(税込み価格)貝桶、貝袋、貝合わせ3組(5,5cm幅のハマグリ)

貝桶より貝袋(絹)を取り出だして、3組のハマグリを並べたところです。貝合わせの大きさは5,5cmの大きさです。

貝桶より貝袋(絹)を取り出だして、3組のハマグリを並べたところです。貝合わせの大きさは5,5cmの大きさです。

箱を開くと、5組の貝合わせがピンクの袋に納められています。

箱を開くと、5組の貝合わせがピンクの袋に納められています。

3組の貝合わせを広げてみたところです。源氏物語を金箔の上に手描きしたものです。

3組の貝合わせを広げてみたところです。源氏物語を金箔の上に手描きしたものです。

貝合わせ3組を並べてみました。金箔仕上げの上に手描きで源氏物語を彩色しています。

貝合わせ3組を並べてみました。金箔仕上げの上に手描きで源氏物語を彩色しています。

初段(春日野の若紫)

源氏物語「若紫」
 
源氏が春先の夕暮れに今日の都の草庵の前を通ると、カゴから逃げた雀を追って縁先に姿を見せた華麗な少女がいました。雀は庭先に咲いた満開の桜の中に飛び去ろうとしています。
(下地に金箔、顔彩仕上げ)
 
九段(東下り)

源氏物語「末摘花」すえつむはな
 
源氏は、早春の月明かりがまぶしい夜、垣根越しに琴の音がする家をそっと見ると、中には琴を弾く姫君がおられ、高貴さ漂う雰囲気が漂ってきます。(下地に金箔、顔彩仕上げ)
 
九段(東下り)

源氏物語「紅葉賀」もみじのが
 
源氏は、早春の月明かりがまぶしい夜、垣根越しに琴の音がする家をそっと見ると、中には琴を弾く姫君がおられ、高貴さ漂う雰囲気が漂ってきます。(下地に金箔、顔彩仕上げ)
 
カートタグ
みかわ工房の貝合わせセットをすべて掲載

江戸の小箱と組み合わせた貝合わせについて説明

江戸の小箱と組み合わせた貝合わせについて説明

みかわ工房の特製桐箱に入れた貝合わせセットについて説明

明治の小箱と百人一首の貝合わせについて解説

江戸の小箱に入れた貝合わせについて説明

棗に入れた貝合わせセットについて解説

江戸の小箱と花の貝合わせについて解説

江戸の棗と貝合わせについて説明

四季の花を描いた貝合わせセットについて説明。

小箱に源氏物語を書いた貝合わせを入れています

小箱に源氏物語を書いた貝合わせを入れています

みかわ工房で制作した源氏物語絵巻五十四帖の貝合わせセットについて

みかわ工房で制作した貝合わせ一覧

みかわ工房で制作した貝合わせ一覧