雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

HOME | 貝合わせ | 13,藤袴(ふじばかま)
 

源氏物語・藤袴(ふじばかま)

 
みかわ工房で作った、源氏物語絵巻の貝合わせ「藤袴(ふじばかま)」の解説をしています。

13,源氏物語「藤袴」(ふじばかま)手書き仕上げの貝合わせ

 

源氏から預かった手紙をもって、玉鬘の所に来た夕霧が、「藤袴(ふじばかま)の花」を御簾(みす)の中に差し入れて歌を詠もうとしているところです。(下地に金箔、顔彩仕上げ、桐箱入り)(下地に金箔、顔彩仕上げ、桐箱入り)
※御簾越しに話をしたり、歌を詠み合ったりするシーンは源氏物語では多くのシーンで使われています。また、藤袴(ふじばかま)の花は、高さ1mほどの所に薄紫色の花を付け、この花をめざして「アサギマダラ」と言う蝶が数千キロの距離を飛んで、ここ九州大分にもやって来ます。

貝合わせ購入タグ
 
御希望で貝合わせの中に、お子様の誕生の干支や誕生花を入れることも出来ます。
カートで、お客様の住所、電話、メールアドレスを記入してもらい、色調の御希望や特別に入れて欲しい内容などは「問い合わせ」の覧に記載してください。後日ご連絡致します。
みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグ

みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグ

タグー貝合わせの由来について、詳しく説明

タグー貝合わせの大きさについて、詳しく説明

みかわ工房の貝合わせが完成するまでの行程を解説

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

みかわ工房が作る貝合わせの色調の違いについて説明

みかわ工房が作る貝合わせの特別注文について説明

みかわ工房の貝合わせセットをすべて掲載しているページタグ

みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。