雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

みかわ工房の貝合わせを購入されたお客様からの写真です
HOME | 貝合わせ
 

手描きの貝合わせ見本1

ハマグリの内側に、手描きで源氏物語絵巻を再現。

平安時代の「貝合わせ」を再現しました。

貝合わせ(貝おおい)は平安時代に宮中で行われていた遊びで、1対左右2片の貝殻(ハマグリ)の両面に関連した物語や花や歌などを書いて左右に分けて置き、もとの貝殻を合わせて取る遊びが行われていました。
貝に描かれる絵は、土佐派と呼ばれる絵師たちによる「源氏絵」というものが多く貝も伊勢桑名産のハマグリが良いとされていました。
みかわ工房の貝合わせは、この当時の貝合わせの再現に努め、ハマグリの内側に金沢金箔を一面に貼り、下地作りから仕上げまで1人の作家が仕上げた物です。完成した貝合わせには物語の解説書、桐箱が付きます。貝の中に季節の花や干支、名入などのオーダーメイドも可能です。
現在持ち合わせのハマグリの大きさが、12cm、8〜9cm、6〜7cm、2〜3cmとあり、基本的には、3cmで12000円、6~7cmで16000円、8~9cmで25,000円、12cmで30,000円となります。 
特注が希望の場合には、特注サイズよりお願いします。

手作りにこだわった源氏物語絵巻貝合わせ「花宴」(はなのえん)

1,花宴(はなのえん)

手作りにこだわった源氏物語絵巻貝合わせ「紅葉賀」(もみじのが)

2,紅葉賀(もみじのが)

初節句の祝い用源氏物語絵巻貝合わせ「若菜」(わかな)

3,若菜(わかな)

雛雛祭りの貝合わせ、源氏物語絵巻貝合わせ「松風」

4、松風

雛ミニュチュアサイズの貝合わせ、源氏物語絵巻貝合わせ「少女」おとめ

5、少女(おとめ)

桃の節句の貝合わせ、源氏物語絵巻貝合わせ「末摘花」(すえつむはな)

6、末摘花(すえつむはな)

手描きにこだわった源氏物語貝合わせ「初音」(はつね)

7、初音(はつね)

本物にこだわった源氏物語貝合わせ「梅枝」(うめがえ)

8、梅枝(うめがえ)

雛人形の横に源氏物語貝合わせ「若紫」です。

9、若紫

手描きにこだわった源氏物語貝合わせ「桐壺」(きりつぼ)

10、桐壺(きりつぼ)

みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグ

みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグ

タグー貝合わせの由来について、詳しく説明

タグー貝合わせの大きさについて、詳しく説明

みかわ工房の貝合わせが完成するまでの行程を解説

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

みかわ工房が作る貝合わせの色調の違いについて説明

みかわ工房が作る貝合わせの特別注文について説明

みかわ工房の貝合わせセットをすべて掲載しているページタグ

みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。