雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

作品の詳細説明

17番 価格 75,000円 桐箱入り(税別) 

昭和の面影を残した桐箪笥と、朱の蒔絵箪笥を組み合わせて、小さなひな祭り。桐箱入り
久々の桐箪笥です。(左)造りの精巧さからして大正、昭和初期の物と思われます。長持ちは主に松の蒔絵を施した昭和の箪笥です。挟み箱も同様。3枚の布を並べた大きさが40cm前後ですから、本棚やプリンターの上に置いてもしっかり飾れますね。

久々の桐箪笥です。(左)造りの精巧さからして大正、昭和初期の物と思われます。長持ちは主に松の蒔絵を施した昭和の箪笥です。挟み箱も同様。3枚の布を並べた大きさが40cm前後ですから、本棚やプリンターの上に置いてもしっかり飾れますね。

私が手に持っている大きさからしてお分かりでしょうが、桐箪笥だけあってしっかりとすべての部材を桐で作っていて、金具もしっかりと留め具で留めています。

私が手に持っている大きさからしてお分かりでしょうが、桐箪笥だけあってしっかりとすべての部材を桐で作っていて、金具もしっかりと留め具で留めています。

これが、桐箪笥の拡大写真です。細部まで心が込められた職人さんの気骨か感じられてきます。幅が11cmで、高さが12cmとミニチュアです。

これが、桐箪笥の拡大写真です。細部まで心が込められた職人さんの気骨か感じられてきます。幅が11cmで、高さが12cmとミニチュアです。

扉を開けてみました。実際の箪笥と全く同じ造りで出来ています。雛道具の菱餅や貝合わせはこの中に入ると思います。

扉を開けてみました。実際の箪笥と全く同じ造りで出来ています。雛道具の菱餅や貝合わせはこの中に入ると思います。

内裏雛を拡大写真にしてみました。わずかに3cm余りですが小さい中にも表情や仕上げにはこだわっています。周りの油灯や屏風も手仕事で仕上げています。

内裏雛を拡大写真にしてみました。わずかに3cm余りですが小さい中にも表情や仕上げにはこだわっています。周りの油灯や屏風も手仕事で仕上げています。

内裏雛を拡大写真にしてみました。わずかに3cm余りですが小さい中にも表情や仕上げにはこだわっています。周りの油灯や屏風も手仕事で仕上げています。

内裏雛を拡大写真にしてみました。わずかに3cm余りですが小さい中にも表情や仕上げにはこだわっています。周りの油灯や屏風も手仕事で仕上げています。

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています。綺麗ですね

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています。綺麗ですね

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。大きさはわずかに1,5cm余りの大きさです。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。大きさはわずかに1,5cm余りの大きさです。

長持ちと、小箱です。この中にも雛道具を収めることが出来ます。大きさは12cm×6×5cmです。

長持ちと、小箱です。この中にも雛道具を収めることが出来ます。大きさは12cm×6×5cmです。

雛道具の一つ、貝桶と椀、菱餅、桜に橘です。大きさは1〜1,5cmと小さいです。

雛道具の一つ、貝桶と椀、菱餅、桜に橘です。大きさは1〜1,5cmと小さいです。

菱餅と桜に橘の拡大写真です。

菱餅と桜に橘の拡大写真です。

貝合わせとこま犬を拡大してみました。貝合わせは1cm余りの中に松や藤の花、などを手描きして、金箔仕上げにしています。

貝合わせとこま犬を拡大してみました。貝合わせは1cm余りの中に松や藤の花、などを手描きして、金箔仕上げにしています。

 
【小さき物の世界】のタグです

【小さき物の世界】のタグです

タグー【小さき物の世界】の由来について、詳しく説明しています。

タグー【小さき物の世界】のアンティーク家具について詳しく説明しています。

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

番号をクリックすれば
ページが出てきます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 |