雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

HOME | 作品集 | 12
 

小さき物の世界12番

カートタグ
 昭和の蒔絵箪笥に組合わせた布は、ピンクに染めた丹後ちりめんと、手のひらサイズの雛人形です。(桐箱入り)
明るいピンクの丹後ちりめんに、昭和の面影を持った雛道具を組合わせてみました。

明るいピンクの丹後ちりめんに、昭和の面影を持った雛道具を組合わせてみました。

全体の幅が、50cm、奥行きが20cm、高さが13cmです。本棚や玄関先においても場所をとらないコンパクトさです。アレンジの仕方ではもっと狭いスペースでも飾ることが出来ると思います。

全体の幅が、50cm、奥行きが20cm、高さが13cmです。本棚や玄関先においても場所をとらないコンパクトさです。アレンジの仕方ではもっと狭いスペースでも飾ることが出来ると思います。

雛人形セットだけの拡大写真で、正面から写しています。屏風は四季の花々を手描きしてます。

雛人形セットだけの拡大写真で、正面から写しています。屏風は四季の花々を手描きしてます。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

内裏雛の拡大写真です。

内裏雛の拡大写真です。

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。

三人官女の拡大写真です。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。

五人囃子の拡大写真です。

屏風の拡大写真です。屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさは11×5cmです。

屏風の拡大写真です。屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさは11×5cmです。

蒔絵箪笥です。大きさは10,5×5,5cmで、高さが11,5cmです。

蒔絵箪笥です。大きさは10,5×5,5cmで、高さが11,5cmです。

扉を開けると、桜の枝に花が描かれています。

扉を開けると、桜の枝に花が描かれています。

もう一つの小箱は、同じ様式の長持ちと、2つの小箱です。長持ちは12×5,5cmで、小箱は5×4×4cmになります。

もう一つの小箱は、同じ様式の長持ちと、2つの小箱です。長持ちは12×5,5cmで、小箱は5×4×4cmになります。

こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは1,5cmの金地の2種類を用意しました

こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは1,5cmの金地の2種類を用意しました

菱餅が1,5cmと、桃に橘が高さ1,5cmほどで、すべて手描き彩色したものです。

菱餅が1,5cmと、桃に橘が高さ1,5cmほどで、すべて手描き彩色したものです。

小さき物の世界の作品集1〜12番のタグ
 
小さき物の世界の作品集13〜25番のタグ
 
小さき物の世界の由来について
 
アンティーク家具の見分け方について
 
桐箱や付属品について
 
みかわ工房の貝合わせセット
 
みかわ工房の貝合わせセット