雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

HOME | 作品集 | 15
 

小さき物の世界15番

カートタグ

ミニサイズの箪笥や長持ちの周りに三段飾りのお内裏様、三人官女、5月人形を並べて、こま犬、貝合わせ菱餅付きでコピー用紙に収まる大きさです。

スッキリとした昭和の蒔絵箪笥です。開き箪笥、長持ち、小箱と揃っており、これに染色の清家文香さんの丹後ちりめんを用意し、みかわ工房の小さい雛人形を組合わせています。

スッキリとした昭和の蒔絵箪笥です。開き箪笥、長持ち、小箱と揃っており、これに染色の清家文香さんの丹後ちりめんを用意し、みかわ工房の小さい雛人形を組合わせています。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。全体の幅は40cm程で、奥行きが20cm、高さが13cm程度の大きさで、小さな空間においてもしっかりとした存在感を示すように作っています。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。全体の幅は40cm程で、奥行きが20cm、高さが13cm程度の大きさで、小さな空間においてもしっかりとした存在感を示すように作っています。

中央部分の内裏雛セットで、上から内裏雛、三人官女、五人囃子と段飾りになっています。幅が10cm程です。布や雛人形の烏帽子や道具もすべて金箔仕上げにしております。

中央部分の内裏雛セットで、上から内裏雛、三人官女、五人囃子と段飾りになっています。幅が10cm程です。布や雛人形の烏帽子や道具もすべて金箔仕上げにしております。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。雛段は3本の棒を並べることで雛段が出来るようになっています。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。雛段は3本の棒を並べることで雛段が出来るようになっています。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

内裏雛の拡大写真です。

内裏雛の拡大写真です。

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。

三人官女の拡大写真です。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。

五人囃子の拡大写真です。

菱餅と桜に橘の拡大写真です。

菱餅と桜に橘の拡大写真です。

菱餅が1,5cmと、桃に橘が高さ1,5cmほどで、すべて手描き彩色したものです。

菱餅が1,5cmと、桃に橘が高さ1,5cmほどで、すべて手描き彩色したものです。

狛犬や貝合わせと組合わせた昭和の蒔絵箪笥です。

狛犬や貝合わせと組合わせた昭和の蒔絵箪笥です。

箪笥の大きさは10×5×11cmです。

箪笥の大きさは10×5×11cmです。

扉を開くと小島に帆掛け船の蒔絵が施されています。

扉を開くと小島に帆掛け船の蒔絵が施されています。

もう一つの小箱は、長持ちと小箱です。

もう一つの小箱は、長持ちと小箱です。

長持ちが12×5×6cmで、もう一つが5×4×4cmになります。

長持ちが12×5×6cmで、もう一つが5×4×4cmになります。

小さき物の世界の作品集1〜12番のタグ
 
小さき物の世界の作品集13〜25番のタグ
 
小さき物の世界の由来について
 
アンティーク家具の見分け方について
 
桐箱や付属品について
 
みかわ工房の貝合わせセット
 
みかわ工房の貝合わせセット