雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

HOME | 作品集 | 23
 

小さき物の世界23番 
 

カートタグ
  

明治に作られた雛道具に、帯地を赤く染めた絹地と、ピンクの布との組み合わせで優雅な雛祭りを演出します。(桐箱入り) 

江戸から明治にかけて作られた豪壮な雛道具です。この2つの雛道具にみかわ工房の染色の清家文香さんが赤とピンクの布を手描き彩色して、お雛様を組み合わせました。

江戸から明治にかけて作られた豪壮な雛道具です。この2つの雛道具にみかわ工房の染色の清家文香さんが赤とピンクの布を手描き彩色して、お雛様を組み合わせました。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。3つの雛道具を並べた大きさは80cmほどになり、高さが30cm、奥行きが40cmになります。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。3つの雛道具を並べた大きさは80cmほどになり、高さが30cm、奥行きが40cmになります。

三段飾りだけを正面から撮影した物です。布の幅は34cm、奥行き40cmです。手にとってみるとその大きさがわかると思います。

三段飾りだけを正面から撮影した物です。布の幅は34cm、奥行き40cmです。手にとってみるとその大きさがわかると思います。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。ひな壇は左右2枚の板に上下に二本の棒を差し込む事でしっかりとした台になります。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。ひな壇は左右2枚の板に上下に二本の棒を差し込む事でしっかりとした台になります。

お内裏様の拡大写真です。男びなの大きさは高さ8cm、幅8cmです。女雛の大きさは高さ6cm、幅10cmになります。檜扇や烏帽子は金箔仕上げにしています。

お内裏様の拡大写真です。男びなの大きさは高さ8cm、幅8cmです。女雛の大きさは高さ6cm、幅10cmになります。檜扇や烏帽子は金箔仕上げにしています。

三人官女の拡大写真です。大きさは5〜6cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。大きさは5〜6cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。大きさが5cm程で色にスッキリとした赤で仕上げています。官女の持っている道具類もすべて金箔仕上げです。

三人官女の拡大写真です。大きさは5cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています官女の衣装と、周りの布に手描きした桜の花びらが適度なリズムを感じさせますね。

これを見て最初に感じるのが、清潔感ではないでしょうか。淡いピンクにかぐわしい仕上げの五人囃子がその印象を作っているのでしょうか。大きさは3,5cmです。

これを見て最初に感じるのが、清潔感ではないでしょうか。淡いピンクにかぐわしい仕上げの五人囃子がその印象を作っているのでしょうか。大きさは3,5cmです。

五人囃子の拡大写真です。囃子は向かって右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。囃子は向かって右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

重厚実のある箪笥です。作られた当初は雛道具に違いなかったのですが、時代を経て見ると、当時の職人芸の細やかさに驚かされます。大きさは20cm×8cm高さ21cmです。

重厚実のある箪笥です。作られた当初は雛道具に違いなかったのですが、時代を経て見ると、当時の職人芸の細やかさに驚かされます。大きさは20cm×8cm高さ21cmです。

蒔絵たんすの拡大写真です。金具の一つ一つに美しさがあります。

蒔絵たんすの拡大写真です。金具の一つ一つに美しさがあります。

もう一つの雛道具は同じ幅の長持ちで、蔦文様が一面に施されています。大きさは20cm10cm高さ11cmです。貝合わせや狛犬などの小物を入れるのに最適だと思います。

もう一つの雛道具は同じ幅の長持ちで、蔦文様が一面に施されています。大きさは20cm10cm高さ11cmです。貝合わせや狛犬などの小物を入れるのに最適だと思います。

雛壇の最上部にある屏風で、すべて工房で手作りしたもので、金地の上に松竹梅を手描きしております。大きさは11cm×36cmです。

雛壇の最上部にある屏風で、すべて工房で手作りしたもので、金地の上に松竹梅を手描きしております。大きさは11cm×36cmです。

三段飾りの左右にある、ピンクの布の拡大写真です。丹後ちりめんをピンクに染め上げて手描きで花びらを描いたり、型染めして仕上げた物です。大きさは15cm×23cmです。

三段飾りの左右にある、ピンクの布の拡大写真です。丹後ちりめんをピンクに染め上げて手描きで花びらを描いたり、型染めして仕上げた物です。大きさは15cm×23cmです。

もう1枚の布の拡大写真です。

もう1枚の布の拡大写真です。

貝合わせ3組6枚の拡大写真です。大きさは2cm、3,5cm、4,5cmになり、それぞれの貝には四季の花々を手描きしています。

貝合わせ3組6枚の拡大写真です。大きさは2cm、3,5cm、4,5cmになり、それぞれの貝には四季の花々を手描きしています。

こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。大きさは4cm×7cmです。

こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。大きさは4cm×7cmです。

最後は、貝桶といって貝合わせをこれに収めて置く物ですが、現在ではイメージとしての置物です。大きさは11cm×6cmになります。

最後は、貝桶といって貝合わせをこれに収めて置く物ですが、現在ではイメージとしての置物です。大きさは11cm×6cmになります。

小さき物の世界の作品集1〜12番のタグ
 
小さき物の世界の由来について
 
アンティーク家具の見分け方について
 
みかわ工房の貝合わせセット