雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

HOME | 作品集 | 9
 

小さき物の世界9番

カートタグ
 大正時代に作られた華麗な仕上げの蒔絵箪笥に、赤い丹後ちりめんを毛氈にしてミニュチュアサイズのお雛様を組み合わせて、マンションやアパートでも雛祭りが手軽に出来る様にしました。(桐箱入り)
 
3種類の蒔絵箪笥と赤い丹後ちりめんに、小さなお雛様を組み合わせてみました。

3種類の蒔絵箪笥と赤い丹後ちりめんに、小さなお雛様を組み合わせてみました。

三枚の布を並べた大きさは、幅が45cm、奥行き20cm、高さが12cmといったところです。

三枚の布を並べた大きさは、幅が45cm、奥行き20cm、高さが12cmといったところです。

真ん中の三段飾りの拡大写真です。一番上にお内裏様、2段目に三人官女、一番下に五人囃子を並べています。

真ん中の三段飾りの拡大写真です。一番上にお内裏様、2段目に三人官女、一番下に五人囃子を並べています。

左手の蒔絵箪笥と2組の貝合わせ、貝桶、小箱類です。

左手の蒔絵箪笥と2組の貝合わせ、貝桶、小箱類です。

蒔絵箪笥の拡大写真です。大きさは6×11×12cmです。

蒔絵箪笥の拡大写真です。大きさは6×11×12cmです。

箪笥を開いたところです。内側には桜の花びらが金蒔絵で描かれています。

箪笥を開いたところです。内側には桜の花びらが金蒔絵で描かれています。

箪笥表の松につるの拡大写真です。

箪笥表の松につるの拡大写真です。

右手の長持ちとお伽犬・おとぎいぬに菱餅、桜に橘です。

右手の長持ちとお伽犬・おとぎいぬに菱餅、桜に橘です。

長持ちの拡大写真です。大きさは6×13×6cmになります。

長持ちの拡大写真です。大きさは6×13×6cmになります。

長持ちの拡大写真です。大きさは6×13×6cmになります。

長持ちの拡大写真です。大きさは6×13×6cmになります。

側面には、箪笥と同じく松に鶴の絵が描かれています。大正期の特徴として自由な表現が特徴です。

側面には、箪笥と同じく松に鶴の絵が描かれています。大正期の特徴として自由な表現が特徴です。

三段飾りの拡大写真です。大きさは11cm×20cm×12cmです。

三段飾りの拡大写真です。大きさは11cm×20cm×12cmです。

三段飾りをやや斜めから撮影した写真です。ひな壇は3つの棒を並べる事ですぐに出来上がります。

三段飾りをやや斜めから撮影した写真です。ひな壇は3つの棒を並べる事ですぐに出来上がります。

屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさは11×5cmです。

屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさは11×5cmです。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

五人囃子の拡大写真です。囃子は向かって右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。囃子は向かって右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

2組の貝合わせの拡大写真です。

2組の貝合わせの拡大写真です。

こま犬と菱餅、桜に橘の拡大写真です。

こま犬と菱餅、桜に橘の拡大写真です。


 
 
小さき物の世界の作品集1〜12番のタグ
 
小さき物の世界の作品集13〜25番のタグ
 
小さき物の世界の由来について
 
アンティーク家具の見分け方について
 
桐箱や付属品について
 
みかわ工房の貝合わせセット
 
みかわ工房の貝合わせセット