雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

HOME | 作品集 | 9
 

作品の詳細説明

小さき物の世界9番

カートタグ
 明治の小箱に小さな雛人形や貝合わせに狛犬を入れて、玄関の狭いスペースにも飾れるお雛様にみました。(桐箱入り)
 

明治期の小箱に、小さいお雛様を袋に入れてそこから出すようにしてみました。すべての道具(雛段、貝桶)を入れるわけには出来ませんが、お子様が小箱から1つ1つ雛人形を出して行く姿は微笑ましいように思います。2枚の布の幅は、42cm程になり、高さが17〜8cmになります。

明治期の小箱に、小さいお雛様を袋に入れてそこから出すようにしてみました。すべての道具(雛段、貝桶)を入れるわけには出来ませんが、お子様が小箱から1つ1つ雛人形を出して行く姿は微笑ましいように思います。2枚の布の幅は、42cm程になり、高さが17〜8cmになります。

小箱に合わせて縮緬で箱に収まるように袋を作りました。小箱の大きさは、9×13×8cmです。

小箱に合わせて縮緬で箱に収まるように袋を作りました。小箱の大きさは、9×13×8cmです。

雛人形を三段飾りに並べてみました。

雛人形を三段飾りに並べてみました。

今回登場する小箱です。正式には「挟み箱」といって、むかしお雛様が城を出て場外でお泊まりする際にこの箱に化粧道具や、小物を入れて運ばせたそうです。

今回登場する小箱です。正式には「挟み箱」といって、むかしお雛様が城を出て場外でお泊まりする際にこの箱に化粧道具や、小物を入れて運ばせたそうです。

小箱を開けたところで、染色の清家文香がピッタリ収まるように縮緬の袋を入れています。

小箱を開けたところで、染色の清家文香がピッタリ収まるように縮緬の袋を入れています。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

内裏雛の拡大写真です。高さが3cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

三人官女の拡大写真です。大きさは3cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、右に行くほど大きい音になっています。

こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは1,5cmの金地と白地の2種類を用意しました

こま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは1,5cmの金地と白地の2種類を用意しました

 
小さき物の世界のタグです

小さき物の世界2のタグです

小さき物の世界の由来について、詳しく説明しています。

アンティーク家具について詳しく説明しています。

桐箱について解説しています。

番号をクリックすれば
ページが出てきます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 |