雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

みかわ工房の【小さき物の世界】を購入されたお客様で、お雛様の周りに飾る雛飾りが一杯のセットです。
HOME | 源氏雛 | 雛道具一覧

雛道具一覧。

手作り仕上げしたものです。

お雛様を演出する小道具を、工房で全て手作りしました。

雛人形「みかわ工房」では、工房を再開した当初(30年ほど前)は、これと言った小道具もなく屏風やぼんぼりは静岡から取り寄せていましたが、次第に工房で作る雛人形が大きい物から小さくなるに連れて、それに合った屏風やぼんぼりを作る必要が出てきて、最近はほとんどの小道具を工房内で手作りしています。

お内裏様の横に置く油灯です

油灯(照明器具)

これは「油灯」といって、さらに油を入れて風で炎が揺らがないように和紙で覆っていた物です。高さは10cm程度です。1組2個の価格。

油灯(大)10cm

これは「油灯」といって、さらに油を入れて風で炎が揺らがないように和紙で覆っていた物です。高さは7cmです。1組2個の価格

油灯(中)7cm

これは、「ぼんぼり」を小さくしてカジュアルに仕上げています。高さ4cmです。手作りぼんぼり1組2個の価格

ぼんぼり(特小)4cm

菱餅、桜、橘セット(特小)

菱餅、桜、橘セット(特小)

菱餅、さくら、橘(大)

菱餅、さくら、橘(大)

この貝合わせは、あらかじめ季節の花を2組4枚に手描き彩色しています。貝はシジミを使っています。ミニュチュアサイズになりますが、手法は大きい貝と変わらない方法で仕上げています。

ミニュチュアサイズの貝合わせ(1,5cm)2組

こま犬は、もともと犬さんが多くの子供を産むことや、出産の際にも安産なことから、女性の出産のおまじないとして、人気がありました。1対2組が基本です。大きさが7cmです。

こま犬(大)一対2組 7cm

こま犬は、もともと犬さんが多くの子供を産むことや、出産の際にも安産なことから、女性の出産のおまじないとして、人気がありました。1対2組が基本です。大きさが5cmです。

こま犬(中)一対2組5cm

こま犬は、もともと犬さんが多くの子供を産むことや、出産の際にも安産なことから、女性の出産のおまじないとして、人気がありました。1対2組が基本です。大きさが4cmです。

こま犬(小)一対2組4cm

こま犬は、もともと犬さんが多くの子供を産むことや、出産の際にも安産なことから、女性の出産のおまじないとして、人気がありました。1対2組が基本です。大きさが2,5cmです。

こま犬(特小)一対2組 2,5cm

お内裏様の横に置くやや大きめのぼんぼりです

雪洞(ぼんぼり)、屏風

みかわ工房の「源氏シリーズ」のお雛様で、「横笛」「野路」の大きさの雛人形にマッチします。6枚折り1個の価格です。静岡産で昭和の職人さんが1つ1つ手作りで仕上げた物です。普通に広げたときのサイズ、14cm×18cm

屏風(中)1枚

みかわ工房の「源氏シリーズ」のお雛様で、「横笛」「野路」の大きさの雛人形にマッチします。6枚折り1個の価格です。静岡産で昭和の職人さんが1つ1つ手作りで仕上げた物です。普通に広げたときのサイズ11cm×14cm

屏風(小)1枚

みかわ工房の「源氏シリーズ」のお雛様で、「横笛」「野路」「立ち雛」の大きさの雛人形にマッチします。静岡のプラスチック製で和紙をひもで縛っています。

油灯(高さ15cm)2個1組

みかわ工房の「源氏シリーズ」のお雛様で、「横笛」「野路」「立ち雛」の大きさの雛人形にマッチします。静岡のプラスチック製で布張りで,絵は職人さんが手描きで描いたものです。

ぼんぼり(高さ10cm)2個1組

この台に雛人形を載せて、屏風などを付けてあげれば、それだけでひな祭りが出来上がります。黒塗りで20×15cmと27×20cmの2つがあります。

お客様の台

貝桶・かいおけ」と言って、昔「貝合わせ」をする際にこの桶に入れておいて、そこから1枚1枚の貝を出しながら、組み合わせが合う貝を探して遊んだそうです。現在は「象徴としての飾り」となっています。大中とあり全て木製です。

貝桶、左から小、中、大

貝桶・かいおけ」と言って、昔「貝合わせ」をする際にこの桶に入れておいて、そこから1枚1枚の貝を出しながら、組み合わせが合う貝を探して遊んだそうです。現在は「象徴としての飾り」となっています。大中とあり全て木製です

貝桶(大)7cm×11cm

貝桶・かいおけ」と言って、昔「貝合わせ」をする際にこの桶に入れておいて、そこから1枚1枚の貝を出しながら、組み合わせが合う貝を探して遊んだそうです。現在は「象徴としての飾り」となっています。大中とあり全て木製です

貝桶(中)5cm×8cm

貝桶・かいおけ」と言って、昔「貝合わせ」をする際にこの桶に入れておいて、そこから1枚1枚の貝を出しながら、組み合わせが合う貝を探して遊んだそうです。現在は「象徴としての飾り」となっています。大中とあり全て木製です

貝桶(小)4cm×5cm