雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

以前にみかわ工房の雛人形をお買い上げいただいた方から届いた雛祭りの写真
HOME | 「寛永の華」

「寛永の華」かんえいのはな

オーダーメイドで、お雛様セット(三段飾り、羽子板、貝合わせ、几帳)を作ります。

「寛永の華」セットの特徴

「寛永の華」は、「寛永雛」をベースにしてお雛様の横に子供の健康を願う「羽子板」や幸ある出会いを願う「貝合わせ」王朝文化を彷彿とさせる「几帳」などすべて工房で1つ1つ手作りしたオリジナルの作品で、ご自分だけのひな祭りをコンパクトに演出できるようにミニサイズの雛人形にしました。
セットには、お雛様、雛段キット、狛犬、羽子板、羽子板飾り、貝合わせ2組、貝合わせ(盆)、几帳(飾り台)が含まれ、特製の桐箱に収めてお送り致します(送料はサービスです)価格160,000円(税込み価格)
注文方法は、サイドバーにある「寛永の華」オーダー表に希望される内容を書き込んで送信してください。あらためてこちらよりメールで確認させていただきます。

「寛永の華」セットの大きさはマンションサイズに合わせた程よい大きさです

「寛永の華」セットの大きさは、雛段(30cm×奥行き40cm×高さ30cm) 几帳(横22cm×高さ29cm)、丸盆25cm、羽子板立て(幅11cm×高さ24cm)になり、場所に合わせて並べ方を工夫できます。

3種類の布から選べます。

染色作家の清家は、雛人形の下に敷く布を京都の丹後地方まで行って絹地を選んだ上で染色し、手描きの花びらをつけをしたりして一枚一枚をオーダーメイドで仕上げています。
 

白い正絹を1枚1枚染めて、この上から手描きや型染めによって美しい布に生まれ変わります。

白い正絹を1枚1枚染めて、この上から手描きや型染めによって美しい布に生まれ変わります。

布A

A、正絹を春らしいピンクの色合いに染めて手描きの桜が香しい雰囲気を出しています。

A、正絹を春らしいピンクの色合いに染めて手描きの桜が香しい雰囲気を出しています。

布B

B、地模様入りの絹地を赤く手染めて、金箔の花びら模様を散らしました。光沢のある生地に金の花びらが舞って豪華です。

B、地模様入りの絹地を赤く手染めて、金箔の花びら模様を散らしました。

布C

C、丹後縮緬の絹地に桜の模様を型染めの手法で白く抜いて、一部に金箔を貼っています。

C、丹後縮緬の絹地に桜の模様を型染めの手法で白く抜いて、一部に金箔を貼っています。

几帳(きちょう)が付きます。

几帳は、平安時代に宮中において部屋の間仕切りや目隠しの為に使われた道具です。この几帳をみかわ工房でも独自に作り上げ、発案から完成までに数年かかって作り上げました。
まず、染色作家が几帳の軸となる布を求めて京都の丹後地方まで行き、そこで選んだ布を染めたり彩色したりして完成したみかわ工房の愛情と魂が込められた作品の一つです。注文を受けるとすべてを手作りで仕上げています。

 
「白無垢に山桜」白い冨士絹の正絹に、染色家の清家が手描きで山桜を一枚一枚手書きしております。白地に桃色の垂れは清楚です。大きさは22cm×29cmです。

「白無垢に山桜」白い冨士絹の正絹に、染色家の清家が手描きで山桜を一枚一枚手書きしております。白地に桃色の垂れは清楚です。大きさは22cm×29cmです。

 
白無垢の布に、下書きなしで直接手描きで彩色するという難しい作業です。

白無垢の布に、下書きなしで直接手描きで彩色するという難しい作業です。

貝合わせをお選び下さい。

5〜6cmのハマグリ2組(4枚)に、源氏物語絵巻の愛でたいシーンを手描き仕上げします。お好みの題材からお選び下さい。完成したら黒い塗り盆の上に乗せて下さい。(貝の内側に名入れもできます)
 

貝合わせは、天然ハマグリの内側に金箔を張り日本画の絵の具を使って仕上げします。

貝合わせは、天然ハマグリの内側に金箔を張り日本画の絵の具を使って仕上げします。

イ、源氏物語の紅葉賀、末摘花

イ、源氏物語の紅葉賀、末摘花

ロ、源氏物語の初音、若紫

ロ、源氏物語の初音、若紫

ハ、源氏物語の若菜、花宴

ハ、源氏物語の若菜、花宴

羽子板をお選び下さい。

「寛永の華」の特徴としてこの羽子板が、セットに豪華さを演出します。この羽子板は、江戸時代と同じ手法で作っており、桐(キリ)の板に金箔を張りその上に源氏物語の世界を手描き仕上げしたものです。描いて欲しい羽子板を下の見本から選ぶか、他の羽子板は、羽子板見本のページに移動して下さい。

 

ご依頼によって桐の板に、金箔仕上げをした後、手描きで仕上げて行きます。

ご依頼によって桐の板に、金箔仕上げをした後、手描きで仕上げて行きます。

源氏物語絵巻羽子板(桐壺)の写真

1,源氏物語「桐壺」(きりつぼ)

源氏物語絵巻羽子板(初音)の写真

2,源氏物語「初音」(はつね)

源氏物語絵巻羽子板「松風」の写真

3,源氏物語「松風」(まつかぜ)

源氏物語絵巻羽子板「梅枝」の写真

4、源氏物語「梅枝」(うめがえ)

 
源氏物語絵巻羽子板、葵(あおい)の写真

5、源氏物語「葵」(あおい)

源氏物語絵巻羽子板「花宴」(はなのえん)の写真

6、源氏物語「花宴」(はなのえん)

源氏物語絵巻羽子板、紅葉賀(もみじのが)の写真

7、源氏物語「紅葉賀」(もみじのが)

源氏物語絵巻羽子板、若菜の写真

8、源氏物語「若菜」(わかな)

源氏物語絵巻羽子板、末摘花(すえつむはな)の写真

9、源氏物語「末摘花」(すえつむはな)

源氏物語絵巻羽子板、玉鬘(たまかずら)の写真

10、源氏物語「玉鬘」(たまかずら)

源氏物語絵巻羽子板、少女の写真

11、源氏物語「少女」(おとめ)

 
金箔仕上げの羽子板、「紫式部日記」の写真

12、「紫式部日記」

プレゼントのお雛様

セットをお買い上げいただいたご夫婦、または、ご両親に差し上げるお雛様です。

1,武蔵野(6cm) 男雛は杓子を持ち、女雛は扇を持って楚々と座っています。片手に載るほどの大きさですから、小さなスペースでも飾れます。

1,武蔵野(6cm)

2,狩衣(7cm) 平安時代の源氏物語等を見ますと「末摘花」などのシーンには男雛が垣根の外から垣間見る様子が伺えます。

2,狩衣(7cm)

3,若菜(6cm) 名前のごとく春のおとずれを告げる「若菜」(七草)を色彩と絵柄で表してみました。ほんわりとした手触りのお雛様です。

3,若菜(6cm)

4,三人官女(6cm) ご要望の高かった三人官女を作ってみました。まさに手のひらに載ります。金箔仕上げ

4,三人官女(6cm)

桐箱に入れてお届けします。

みかわ工房の桐箱は、さらに箱の四方に花びらを白い胡粉(貝の粉)で描いていますから、箱を取り出した時から春が訪れるような香しさがあります。年月と共に桐箱の表面の生地の色合いが変わってくれば、さらに花びらとのコントラストがでてきて、存在感が出てくる事でしょう。絵柄は、桜の花と、梅の花を選ぶことが出来ます。大きさは横35cm、縦26cm、高さ18cmです。

桐箱の側面に書いた花びらです。

桜の花びらを手描きします。

もう一つは、みかわ工房特別制作の桐箱に「紅白の梅の花」を桐箱のアクセントになる所に手描きしています。

「紅白の梅の花」を桐箱のアクセントになる所に手描きします。