羽子板くらべ

今週は、羽子板にかかっています。先週制作した「ひめ羽子板」といって(大きさが幅10cmで長さが25cm)やや小さめの羽子板に対して、子供の頃に遊んだ羽子板(幅12cmで長さが23cm)の大きさの羽子板の2種類があり、木地作りから金箔仕上げまで私が一人で行い、お客様から注文があるとこの金箔の上に手描きで絵を描きます。
時たま、絵柄や色合いについての注文がありますが、出来うる限りご希望に添うようにしています。
みかわ工房の羽子板には、ひめ羽子板と通常の大きさの羽子板の2種類があります。
制作には、下絵に2日ほどかかり、その後の色つけに3日ほど、そして絵が完成したら、羽子板の柄に丹後ちりめんを巻いて完成し、桐箱に入れて発送致します。
余談ですが、この羽子板を入れる桐箱は、正倉院の御物の中にある箱に模して、上面に柔らかいカーブを持つ仕上げにしています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL