小さい貝合わせです。

1週間ほどかけて下地を作った姫貝合わせ(幅1,5cm)は、白地の姫貝合わせと、金地の姫貝合わせの2種類に分けます。
今日は、白地の姫貝合わせの金箔仕上げです。白地の上下に雲形の形をした金地を作ります。
みかわ工房で作った1,5CM幅のひめ貝合わせ
小さいから金箔を使う面積は少なくなりますが、細かいだけに指で仕事が出来る限界に近い所で作業をしますから、根気のいる作業で、この後、余分な金箔をはらって、白地の部分に花を描くと出来上がりです。
使う用途は、【小さき物の世界】に、雛道具として使用しますから、一度に全ては作れませんので、貝が集まったら少しずつ作り置きしています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL