定番です。

寛永雛の雛人形を作る一方で、それに付随する屏風や、雛壇を組み立てるための台などを点検したり、追加したりしています。
現在進めているのが、この屏風で「松と紅白の梅」が屏風いっぱいに描かれています。といっても、描いているのは私で、下地を作ってもらっておいて、時間を見ては数枚ずつ描き加えていきます。
みかわ工房の手描き彩色屏風
松の枝振りや梅の花の位置などは、その時その時によって少しずつ変化したりもします。全体として全面のお雛様が栄えるように出来ればいいと思っています。
雛人形「みかわ工房」では、この「松と紅白の梅図」と「四季山草図」の2つがあり、どちらかを選んでいただけるようにしています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL