やっと入りました。

これが、「みかわ工房」の「寛永の華」です。
みかわ工房の「寛永の華」の展示写真です。
撮影している私たちには、こうしたいと思ってもカメラは機械ですから、なかなか思うように写ってくれません。特に、几帳の白と手前の貝合わせセットは、色合いが白と黒とで対照的ですから、絞りを明るくしすぎると几帳の色合いが表現できないし、暗くすると几帳は良い色合いになっても、貝合わせの方が重く見えてしまいます。
染色の清家文香さんと、様々な照明方法を馳駆しながら何とか撮影しました。
このほかに、内裏雛、三人官女、五人囃子の1つ1つの撮影などを1日かけてやりました。今後ホームページを更新して行きます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL