かわいい兄弟のスチール君

このところ薪ストーブにはまっている事は以前にも書きましたが、薪を作るためには木を切らねばなりません。そこで必要なのがチェーンソーで、私は2台のドイツ製チェーンソーを持っています。
20110113_2012352
こいつがなかなか可愛らしくて、手をかけてやると素直に答えてくれます。
手前がスチール017で、ずいぶん前に買ったものの扱いの難しさに参って、放置していたものを、最近スチールの代理店が大分にある事を知って、修理し、その後は調子よく動いています。
代理店によるとこのチェーンソーは、スチールの中でも量販店向けらしいのですが、軽くて無駄な力がいらず、高回転でスパスパ切ってくれます。
奥のチェーンソーがMS240で、プロ用のガッチリとした(おもい)チェーンソーです。正直なところこのようなチェーンソーで切るような山はありませんので、今は休眠状態です。いつかこの二人が相互に活躍してくれる場があればいいナーと思っています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL