イベントを前にして

11月に入って、私の住む地域も今月の9,10日にこの地域で行うイベント「上野の森アートフェスティバル」のためににわかに忙しくなってきました。 私が責任者でやっている「大分エコクラブ」のメンバーで、この2日間に多くの子ども […]

正月の用意です。

  貝合わせを「貝桶」に入れたシリーズを幾つか制作して、しばらく秋の用事で止めていましたが、ようやくゆっくりした時間が出来て制作の方が始まりました。 現在進めているのは、2組の貝合わせと、羽子板と貝合わせをセッ […]

貝合わせの「貝桶」が完成

9月に入って福岡の木工所に頼んでおいた「貝桶」が届きました。 8月に木工所に電話した時には、「この夏は、空気が乾燥しすぎて、八つの板を接着するのに、くっつける前に接着剤が乾いてしまって、もう少し雨でも降って湿度がないとで […]

04

寛永雛を仕上げています。

8月は、貝合わせや小箱を作る一方で、2週間ほど前から工房で進めていた「寛永雛」の三人官女がいよいよ完成に近づいています。スタッフと共に「寛永雛」のお雛様を仕上げているところを動画にしてみました。 これは最後の行程で、三人 […]

02

ちょっと恥ずかしいですが、、

いつもは、完成したお雛様や貝合わせの写真をホームページに掲載したり、動画にする場合にでも手が入る程度でしたが、今回からわたくし自身が動画上に出て、工房で作っている作品(貝合わせ、羽子板、【小さき物の世界】などを解説したり […]

完成した3つの棗ひな

今日になってようやく3つの「棗雛」が完成しました。大きさが7,5cmの高さが8cmのやや大振りの棗になります。棗シリーズは、ホームページを御覧頂くと分かりますが、この棗の中に、お布団にくるまれた5cm程のお雛様(立ち雛) […]

棗雛ーーその後

これは、枝垂れ桜にしてみました。一方の女雛には、藤の花を配しています。衣装全体に散りばめてみました。 これは、松、梅、竹を配したオーソドックスなデザインにしました。まだ、金箔部分に色彩をいれていません。色彩のバランスを見 […]

棗に松竹梅

昨日、貝合わせが終わって、次は棗に下地を施していたので、その上から最初に松や梅などの絵を先に書いておきます。この後、松の上下に金箔を張ります。 この棗シリーズは、ずいぶん以前(1999)に由布院の「わたくし美術館」という […]

貝合わせ「かがり火」が完成しました。

先日、注文を受けていた貝合わせがほぼ完成しました。 大きさが8cmほどで、源氏物語「貝合わせ」の篝火(かがりび)を描いています。 暑い盛りなので、つい涼しげな水色を使ってしまいます。 解説では、初秋の夜に源氏が、琴を枕に […]

四つの小箱

少し時間が出来たので、こうした小箱に小さい貝合わせを入れてみたりして、楽しい貝合わせのセットが出来ないかを模索しています。 これは、テレビのリモコンほどの大きさの小箱で、中に3cm大の貝合わせを三組ほど入れて、表と中に源 […]