棗雛ーーその後

これは、枝垂れ桜にしてみました。一方の女雛には、藤の花を配しています。衣装全体に散りばめてみました。

これは、松、梅、竹を配したオーソドックスなデザインにしました。まだ、金箔部分に色彩をいれていません。色彩のバランスを見ながら調整してゆきます。
最後は、紅白梅図です。赤の布の上で写真を撮っていますから、やや見えにくくなっています。これからが勝負所ですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL