ひめ羽子板も、金箔仕上げ中です。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

しばらく前からとりかかっていた「ひめ羽子板」の下地がようやくここまで来ました。何度か下地を塗っては乾燥、研磨、また下地と繰り返して、ここまでやってきます。
みかわ工房の金箔仕上げの羽子板
そして、これはその表面に10cm角の金箔を、縦に2枚貼って金箔仕上げの羽子板が完成です。しばらく乾燥させた跡には、周りの余分な金箔を取り払って完成です。
金箔仕上げをした状態の羽子板、みかわ工房製
これは、工房で金箔仕上げをした羽子板を乾燥させている所です。あまり早く乾燥させると良くないので、こうしてゆっくりと完走させることにしています。
乾燥中の金箔仕上げの羽子板です。
現在、全国からお正月の飾りに羽子板を使いたい方から、ご注文のメールが来ています。それぞれのメールには、羽子板に託したお子様の願いと、仕上げの色調などについての希望などが書かれています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL