なつめ雛を作る。

今週は、「なつめ雛」の立ち雛が不足してきた為に、新に30組ほど作りました。

棗雛の男雛です。

大きさが高さ5〜6cmで、この男雛と女雛が、棗の中に入るわけですからこれもかなり小さく作らないといけません。

棗雛の女雛です。

 

こうして完成した雛人形には、表面に薄い樹脂を塗り、保管します。

みかわ工房の「なつめ雛」に使うお雛様です。

この棗雛は、茶事の場やお正月などで、なつめからこのお雛様が出てきて、場が和んでくれれば良いと思っています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL