「江戸小箱の貝合わせ」が旅立ちました。

以前公開した古い木製の江戸小箱が、3組の貝合わせと共に旅立ちました。 行く先は「リッツカールトン日光」で、詳細については知りませんが、今後このホテルで何かに使われるそうです。お楽しみに 海外の方や日本の方に「日本のあそび […]

新しい江戸小箱

新しい小箱が手元に来ました。10cm×15cm高さが8cm余りの可愛らしい小箱です。江戸小間物細工師が丹精込めて作った木製のわずかに150gの重さです。 小箱の内側を見ると、木製なのにカーブが付いています。これは付き合わ […]

貝桶に入った貝合わせ

姉妹で2組の貝合わせをご購入。

雛祭りも近くなってきた2月になって、東海地方の方から「昨年生まれた妹に貝桶に入った貝合わせが欲しい」という要望がありました。 電話でお聞きすると「上にお姉ちゃんがいて雛人形は持っているから、妹には貝合わせが良いかと、、、 […]

映画「みをつくし 料理帖」に貝合わせを制作しました。

この初夏に、東京の映画小道具会社より「ある映画にみかわ工房の貝合わせを使いたいので、オリジナルで作って欲しい」という依頼があり、下絵提出、了解、本制作と1ヶ月ほどかかって貝合わせが完成。 依頼された貝合わせは「オシドリ」 […]

寛永雛の組み立てを動画にしました。

これまで、みかわ工房の三段飾りの雛壇の組み立て方については、写真動画などでいくつか解説していましたが、解りにくい点もあったと思います。今回時間は取っていますか5分で雛壇が完成する様子を私が撮影。妻の妹が組み立てを担当して […]

アンティーク家具と小さいお雛様のセットを作りました。

この所、ホームページの更新作業をやっていなかったのですが、動画の作成を続けていました。やはり実物を見られなくても動画であれば、同じ人がものを動かしているために幾分現実感があるのでは無いかと思いました。そうして出来上がった […]

貝合わせのオーダーメイド見本です。

先日、東京の方からオーダーメイドの貝合わせのご注文がありましたが、メールでやりとりする事が出来ないために、このブログでスケッチを見て頂き、決めてもらう様にしました。 大きさが5〜6cmサイズのハマグリに白地と金地を交えて […]

江戸時代の大名家の雛祭りを再現しました。

どっしりとした江戸時代の蒔絵の箪笥です。この雛道具をメインにして布地にも存在感のある丹後ちりめんを用い、コンパクトサイズの雛人形を並べてみました。 この三段飾りは、寛永雛をベースにして、布地に特殊な丹後ちりめんに地模様入 […]

江戸の小箱から、ミニュチュアサイズのお雛様。

2つの小箱を用意し、この小箱からお雛様や貝合わせを取り出して「雛祭り」をするイメージでセットを作り上げました。2枚の布を並べたときの大きさが45cmで、奥行き30cm、高さが20cmほどになります。 お内裏様は、高さが5 […]

コンパクトサイズの三段飾りの雛人形セット

少しだけ大きめの豪華な雛壇が出来上がりました。雛道具は明治の古い大ぶりの蒔絵たんすと長持ちです。3枚の布を並べた大きさが80cmほどで、奥行き40cm、高さが屏風までの高さが30cmほど有ります。 赤の絹地が目に染みこん […]