金地の貝合わせです。

暑さを乗り越えて、幅3cmあまりの大きさに描いた、貝合わせがようやく完成しつつあります。 白地の貝合わせには、春のフジの花と梅の花を描いたので、この金地の貝合わせには「夏、秋」を入れたいと思っていました。 雑誌で様々な式 […]

四季のなつめ

昨夜は、次回「なつめ」を制作する際にいくつかのパターンをスケッチしてみました。 と言ってもなつめは、茶色の木目の上に直接描くわけですから、色彩的にも、技術的にも問題があります。 今回は、金箔と白地を使い、四季の花々を「桜 […]

花が咲きました

見本が出来上がって、いよいよ本格的に屏風の制作を開始しました。 1枚1枚描いていくうちに、菊の花の微妙な大きさやキキョウの位置を少し変えてみたりと、美しさへの欲求はやむ事がありません。 中央の下に咲いている秋の萩が、屏風 […]

秋を入れる

暑いとはいえクーラーで冷やすのも疲れるので、今日は三角の窓をいっぱい開けて内側に付いた網戸も開けてやると、時折「ふワーッ」風が吹いてきました。 偶然にも今描いている屏風の絵柄にも、萩やキキョウを描いていて季節を感じていま […]