雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

HOME | 作品集 | 2
 

小さき物の世界2番 

 
カートタグ

江戸期に江戸の雛職人によって作られた芸術的な仕上げの雛道具に、丹後ちりめんの布を組み合わせて、ミニュチュアサイズのお雛様セットにしました。(桐箱入り)
 

江戸時代に江戸の雛職人によって作られた芸術的なミニュチュアサイズの雛道具です。この道具に染色の清家文香が丹後ちりめんを染めて、みかわ工房の雛人形を組み合わせて、最高のお雛様セットにしました。

江戸時代に江戸の雛職人によって作られた芸術的なミニュチュアサイズの雛道具です。この道具に染色の清家文香が丹後ちりめんを染めて、みかわ工房の雛人形を組み合わせて、最高のお雛様セットにしました。

この大きさで全体の幅が40cm、奥行き17cm、高さが15cm程度の小さな作りです。

この大きさで全体の幅が40cm、奥行き17cm、高さが15cm程度の小さな作りです。

中央に置いた段飾りセットで、大きさが幅11cm、奥行き15cmで、屏風を入れた高さがわずか11cmです。布は、丹後ちりめんを使い、屏風、お雛様、油灯などもすべて一人の作家による手作り作品です。

中央に置いた段飾りセットで、大きさが幅11cm、奥行き15cmで、屏風を入れた高さがわずか11cmです。布は、丹後ちりめんを使い、屏風、お雛様、油灯などもすべて一人の作家による手作り作品です。

向かって右側に置いた長持ち小箱です。大きさは7cm×10cm×6cmで、内側には江戸千代紙が張っております。手前にあるのは3cm余りのこま犬と貝桶(木製)です。

向かって右側に置いた長持ち小箱です。大きさは7cm×10cm×6cmで、内側には江戸千代紙が張っております。手前にあるのは3cm余りのこま犬と貝桶(木製)です。

左手に置いているのは、引き出しと開き戸が付いた蒔絵たんすで、これほどの物が150年余りも残っていたことが不思議なくらいです。

左手に置いているのは、引き出しと開き戸が付いた蒔絵たんすで、これほどの物が150年余りも残っていたことが不思議なくらいです。

内裏雛の拡大写真です。大きさは3cmです。

内裏雛の拡大写真です。大きさは3cmです。

三人官女の拡大写真です。大きさは2〜3cmです。

三人官女の拡大写真です。大きさは2〜3cmです。

五人囃子の謡手、笛、小鼓です。大きさは2cmです。

五人囃子の謡手、笛、小鼓です。大きさは2cmです。

五人囃子の拡大写真です。大きさは4cmで、囃子は向かって右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

五人囃子の拡大写真です。大きさは4cmで、囃子は向かって右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。

雛壇は手と比べてみると分かりますが、幅11cm奥行き15cmで、屏風を入れた高さがわずか11cmです。

雛壇は手と比べてみると分かりますが、幅11cm奥行き15cmで、屏風を入れた高さがわずか11cmです。

雛壇にするためには、木で作った3本の棒を並べて雛段にします

雛壇にするためには、木で作った3本の棒を並べて雛段にします

蒔絵たんすを開いたところです。中にも二段の引き出しが入っており、すべて引き出しが可能です。下にわずかに見えるのが江戸千代紙です。

蒔絵たんすを開いたところです。中にも二段の引き出しが入っており、すべて引き出しが可能です。下にわずかに見えるのが江戸千代紙です。

箪笥を斜めから撮影した所です。正面、側面と牡丹の蒔絵が描かれています。大きさは5cm×9cm×9cmです。

箪笥を斜めから撮影した所です。正面、側面と牡丹の蒔絵が描かれています。大きさは5cm×9cm×9cmです。

もう一つの雛道具「長持ち」です。大きさは7cm×10cm×6cm

もう一つの雛道具「長持ち」です。大きさは7cm×10cm×6cm

ここにも内側に江戸千代紙が貼られています。わずか10cm余りの箱に込められた職人芸が見事です。

ここにも内側に江戸千代紙が貼られています。わずか10cm余りの箱に込められた職人芸が見事です。

貝合わせ二組と、こま犬一組です。いずれもこま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは1,5cmの金地と白地の2種類を用意しました

貝合わせ二組と、こま犬一組です。いずれもこま犬の拡大写真です。もともと犬は多産(子供を産む)とされていて、生まれてくるお子様が多く子供を産みますようにといった願い事がかけられています。貝合わせは1,5cmの金地と白地の2種類を用意しました

屏風です。大きさは5cm×11cmで、下地からすべて手作りして、作家が松竹梅を手描きしています。

屏風です。大きさは5cm×11cmで、下地からすべて手作りして、作家が松竹梅を手描きしています。

小さき物の世界の作品集1〜12番のタグ
 
小さき物の世界の由来について
 
アンティーク家具の見分け方について
 
みかわ工房の貝合わせセット