雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。

HOME | 作品集 | 24
 

小さき物の世界24番 

カートタグ
 

初節句は自宅のマンションや、アパートのリビングに飾れるものでなければなりませんし、片付けた後の収納も簡単でコンパクトでなければなりません。みかわ工房の三段飾りはそれを可能にしています。古いアンティークの雛道具と本物の着物地の丹後ちりめんを使っています。

この雛人形のセットは、明治時代に雛人形の道具として作られた美しい長持ちと、小箱から成り立っています。非常に美しい漆の仕上げで、金具一つ欠けていません。また、赤い布は染色家が絹地を染めて、金箔を張って作ったものです。3枚の布を並べたときの大きさは、幅80cm、奥行き40cm、高さが30cmになります。

この雛人形のセットは、明治時代に雛人形の道具として作られた美しい長持ちと、小箱から成り立っています。非常に美しい漆の仕上げで、金具一つ欠けていません。また、赤い布は染色家が絹地を染めて、金箔を張って作ったものです。3枚の布を並べたときの大きさは、幅80cm、奥行き40cm、高さが30cmになります。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。手前が長持ち奥が小箱になります。小さなスペースでも雛人形の存在感を放っています。

雛壇全体をやや斜めから撮影した写真です。手前が長持ち奥が小箱になります。小さなスペースでも雛人形の存在感を放っています。

三段飾りの拡大写真です。雛人形は、寛永雛がベースになっており赤い敷き布は、丹後ちりめんのに銀の糸を織り込み、染色の清家文香さんが赤く染めて仕上げた物です。

三段飾りの拡大写真です。雛人形は、寛永雛がベースになっており赤い敷き布は、丹後ちりめんのに銀の糸を織り込み、染色の清家文香さんが赤く染めて仕上げた物です。

三段飾りをやや斜めから撮影した写真です。雛壇は組み立て式で左右上下の板をはめ込むだけで簡単に組み立て分解できます。

三段飾りをやや斜めから撮影した写真です。雛壇は組み立て式で左右上下の板をはめ込むだけで簡単に組み立て分解できます。

内裏雛の拡大写真です。高さが8cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

内裏雛の拡大写真です。高さが8cm余りで、背後の屏風から左右の油灯に至るまで、このお雛様に合わせて手作りした物です。

三人官女の拡大写真です。大きさは5〜7cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています。

三人官女の拡大写真です。大きさは5〜7cm余りで、持っている道具類は全て金箔仕上げにしています。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。大きさは4〜6cmです。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。大きさは4〜6cmです。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。大きさは4〜6cmです。

五人囃子の拡大写真です。囃子は右から歌い手、笛、小鼓、大鼓、太鼓と、左に行くほど大きい音になっています。大きさは4〜6cmです。

屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさは11×36cmで枝垂れ桜と藤の花を描いています。

屏風も1つ1つが手作りで手描きのもので、ヘリは京都の緞子専門店にて特注した物を使っております。大きさは11×36cmで枝垂れ桜と藤の花を描いています。

どっしりとした造りの雛道具(長持ち)で、美しい模様と金具で出来ています。大きさは13cm×25cm×高さ13cmです。

どっしりとした造りの雛道具(長持ち)で、美しい模様と金具で出来ています。大きさは13cm×25cm×高さ13cmです。

扉を開くと、中には京唐紙が使われており今日とで制作されたことが分かります。

扉を開くと、中には京唐紙が使われており今日とで制作されたことが分かります。

貝合わせは金地2組と、白地の2組を用意しました。「貝合わせ」は、ハマグリの特徴として左右1対の貝殻が、ほかの貝とは決して合わないことが、対になる相手を違えないで、1度結婚した女性は必ず連れ添うと言う意味を持っていたそうです。

貝合わせは金地2組と、白地の2組を用意しました。「貝合わせ」は、ハマグリの特徴として左右1対の貝殻が、ほかの貝とは決して合わないことが、対になる相手を違えないで、1度結婚した女性は必ず連れ添うと言う意味を持っていたそうです。

もう一つは、同じ明治の小箱です。大きさは14cm×9cm×9cmです。貝合わせを納めたりするには丁度よいと思います。

もう一つは、同じ明治の小箱です。大きさは14cm×9cm×9cmです。貝合わせを納めたりするには丁度よいと思います。

小箱を開けると長持ちと同じように京唐紙が使われています。小物入れにお使い下さい。

小箱を開けると長持ちと同じように京唐紙が使われています。小物入れにお使い下さい。

もう一枚の布に置いた小物で、こま犬6cm×4cm一対と、小さい汁椀。貝桶10cmを置いています。もう一枚の布に置いた小物で、こま犬6cm×4cm一対と、小さい汁椀。貝桶10cmを置いています。

もう一枚の布に置いた小物で、こま犬6cm×4cm一対と、小さい汁椀。貝桶10cmを置いています。

小さき物の世界の作品集1〜12番のタグ
 
小さき物の世界の由来について
 
アンティーク家具の見分け方について
 
みかわ工房の貝合わせセット