雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
みかわ工房の「寛永の華」をご購入いただいたお客様の写真です。
HOME | 「寛永の華」
 

「寛永の華」

オーダーメイドで、お雛様を作ります。

「寛永の華」セットの特徴

「寛永の華」セットは、雛人形セット「寛永雛」をベースにして、お雛様の周りに羽子板や貝合わせ、几帳などを飾り、ご自分だけのひな祭りを演出する為のオーダーが可能です。詳しくはサイドのタグをクリックしてご覧いただき、一番上のオーダー表に書き込んでいただければ、制作に掛かります。セット価格170,000円(税別価格)
セットには、雛段、貝合わせ、羽子板、几帳を桐箱に収めてお送り致します。
大きさは、雛段(30cm×奥行き40cm×高さ30cm) 几帳(横22cm×高さ29cm)、丸盆25cm、羽子板立て(幅22cm×たて24cm)

大きさは、雛段(30cm×奥行き40cm×高さ30cm) 几帳(横22cm×高さ29cm)、丸盆25cm、羽子板立て(幅22cm×たて24cm)

1,布を選びます。

染色作家の清家は、雛人形の下に敷く布を京都の丹後地方まで行って絹地を選んだ上で、
染めてたり色つけをしたりして一枚一枚をオリジナルで仕上げています。

A、正絹に手染め手描きの桜模様に、春らしいピンクの色合いと、手描きの桜が香しい雰囲気を出しています。

A、正絹に手染め手描きの桜模様に、春らしいピンクの色合いと、手描きの桜が香しい雰囲気を出しています。

B、正絹で地模様入りの絹地を赤く手染めし、金箔の花びら模様を散らしました。光沢のある生地に金の花びらが舞って豪華です。

B、正絹で地模様入りの絹地を赤く染め、金箔の花びら模様を散らしました。光沢のある生地に金の花びらが舞って豪華です。

C、同じく丹後縮緬の絹地に、桜模様を型染めの手法で白く抜いて、一部に金箔を貼っています。

C、同じく丹後縮緬(ちりめん)の絹地に、桜模様を型染めの手法で白く抜いて、一部に金箔を貼っています。

2,貝合わせを選びます。

5〜6cmのハマグリ2組(4枚)に、源氏物語絵巻の愛でたいシーンを手描き仕上げします。(名入れできます)

イ、紅葉賀、末摘花

イ、紅葉賀、末摘花

ロ、初音、若紫

ロ、初音、若紫

ハ、若菜、花宴

ハ、若菜、花宴

3,羽子板を選びます。

江戸時代と同じ手法で作っています。桐(キリ)の板に金箔を張り、その上に源氏物語の世界を手描き仕上げしたものです。(参考に3枚掲載しています。他の羽子板見本は、ここをクリックして下さい。

A、松風

A、松風

B、初音

B、初音

C、花宴

C、花宴

4,プレゼントのお雛様

セットをお買い上げいただいたご夫婦、または、ご両親に差し上げるお雛様です。

1,武蔵野(6cm) 男雛は杓子を持ち、女雛は扇を持って楚々と座っています。片手に載るほどの大きさですから、小さなスペースでも飾れます。

1,武蔵野(6cm)

2,狩衣(7cm) 平安時代の源氏物語等を見ますと「末摘花」などのシーンには男雛が垣根の外から垣間見る様子が伺えます。

2,狩衣(7cm)

3,若菜(6cm) 名前のごとく春のおとずれを告げる「若菜」(七草)を色彩と絵柄で表してみました。ほんわりとした手触りのお雛様です。

3,若菜(6cm)

4,三人官女(6cm) ご要望の高かった三人官女を作ってみました。まさに手のひらに載ります。金箔仕上げ

4,三人官女(6cm)

 
貝合わせを実際に作ってみようという企画です。

寛永雛Aのタグ

寛永雛Bのタグ

寛永雛Cのタグ

几帳の説明コーナータグ

貝合わせを選ぶコーナータグ

羽子板を選ぶコーナータグ

タグーお雛様のお顔について説明しています。

みかわ工房の雛段セット「寛永の華」の雛段の組み立て方について解説しています

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

みかわ工房のプレゼントタグ

お客様のページのタグ