雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

HOME | 寛永雛

寛永雛の布見本

三枚の布からお選べます。

 寛永雛 A

一枚目の布Aは、京都丹波地方の「丹後ちりめん」を使い、お雛様にも金沢の金箔をふんだんに使っていつまでも輝きを失わないように作り上げています。雛段のサイズは横幅30、奥行き40、高さ30cmで染色作家がオーダーメイドで染めて花びらを手描きしています。 

寛永雛のAは桜の花びらを手描き仕上げの作品

寛永雛のA(75,000円)雛人形、雛壇、布、桐箱含む価格

寛永雛 A を購入のタグ

寛永雛 B

二枚目の布Bは、京都丹波地方の「丹後ちりめん」を使い、お雛様にも金沢の金箔をふんだんに使っていつまでも輝きを失わないように作り上げています。また、染色の清家文香が赤く染めて、雛段の所々に金沢金箔を張って動きを感じる雛壇にしております。

寛永雛のBは丹後ちりめんを赤く染めて花びらを散らす

寛永雛のB(75,000円)雛人形、雛壇、布、桐箱含む価格

寛永雛 B を購入

寛永雛 C

三枚目の布Cは、厚手の正絹にやや縮みが入った丹後ちりめんを使っています。染色の清家文香が、染める際にロウで花びらを白く抜いて赤く染め、染め上がった布を再びお湯に浸けてロを剥がして、白い花模様が浮き上らせます。非常の手の込んだ手法を使っています。

寛永雛 Cは、厚手の正絹にやや縮みが入った丹後ちりめんを使っています。この正絹に染色家の清家さんが、赤く染める際にロウで花びらを白く抜いて、赤く染めています。染め上がった布を再び、お湯に浸けるとロウの部分が剥がれて、白い花模様が浮き上がってきます。非常の手の込んだ敷き布になっております。価格75,000円税込み価格、(桐箱入り)

寛永雛 C(75,000円)雛人形、雛壇、布、桐箱含む価格

寛永雛 C  を購入のタグ