雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 羽子板 | 桐壺
 

源氏物語絵巻羽子板・桐壺(きりつぼ)

 

1,桐壺(きりつぼ)

 
解説

玉のように清らかで美しい赤ちゃんを産んだ姫が、帝の御前に行って赤ちゃんを差し出して、帝に見せているところでしょうか。(桐材に金箔張り、顔彩仕上げ、専用の桐箱入り)
※帝の周囲は高貴な雰囲気の布が下げられ、上には御簾がかかり一段高い位置に座っています。 これまでのご要望では、お子様の干支を入れたり、誕生された時の誕生花を入れたりしています。ただし名入れは無料です。(追加料金1,000〜2,000円)
 
カート内で、お客様のお住まい、電話、メールアドレスを記入してもらい、お届け先が違う場合にはここで記入して下さい。特別に入れて欲しい内容などは、「問い合わせ」の覧に記載してもらえれば、価格を後日ご連絡致します。
 
みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

 
みかわ工房の羽子板が完成するまでの行程を解説しています。

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

 
みかわ工房が作る羽子板の色調の違いについて説明しています。