雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 羽子板 | 紫式部日記
 
本年9月より、これまでの内税方式を外税方式にさせていただきます。

「紫式部日記」五十日祝いの図
 

 
みかわ工房で制作した「紫式部日記」羽子板の「五十日祝い」のシーンで、すべて本物にこだわり、江戸時代の手法をそのまま再現しました。

12、「紫式部日記」五十日祝いの図

 

解説
赤ちゃんを産んだ姫(中宮)が、帝の御前に行って赤ちゃんを見せているところです。
※五十日祝い儀式では、餅を白木の箸でつまみ口に含ませる所作をするのが習わしであったようです。 これまでのご要望では、お子様の干支を入れたり、誕生された時の花を入れたりしています。(1,000〜2,000円)ただし名入れは無料です。(桐材に金箔張り、顔彩仕上げ、専用の桐箱入り)
 
特別に入れて欲しい内容などは、「問い合わせ」の覧に記載してもらえれば、おいくらになるかを後日ご連絡致します。
 
みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

 
みかわ工房の羽子板が完成するまでの行程を解説しています。

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

 
みかわ工房が作る羽子板の色調の違いについて説明しています。