雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 羽子板 | 末摘花
 
本年9月より、これまでの内税方式を外税方式にさせていただきます。

源氏物語絵巻羽子板・末摘花(すえつむはな)

 
みかわ工房で制作した源氏物語絵巻羽子板「末摘花」のシーンで、すべて本物にこだわり、江戸時代の手法をそのまま再現しました。

9、末摘花(すえつむはな)

 

解説
源氏が二条院に済む紫の上を訪れて見ると、幼かった紫の上もすっかり成長し、共に紙を広げて絵を描いたりして遊んでいる様子です。(下地に金箔、顔彩仕上げ、桐箱入り)
※若い源氏は、戯れに絵の具を鼻に付けた絵の具を紫の上に見せて戯れたりしているそうです。これまでのご要望では、お子様の干支を入れたり、誕生された時の花を入れたりしています。(追加料金1,000〜2,000円)
 
特別に入れて欲しい内容などは、「問い合わせ」の覧に記載してもらえれば、おいくらになるかを後日ご連絡致します。
 
みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

 
みかわ工房の羽子板が完成するまでの行程を解説しています。

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

 
みかわ工房が作る羽子板の色調の違いについて説明しています。