貝合わせー若紫

昨日、千葉のS様から電話で貝合わせの御注文をいただきま
した。貝合わせ「若紫」をご希望で、そのままお孫さんの所へ
送られるとの事でお孫さまの名前をお聞きして、大体の希望
をお聞きしていると、こちらもイメージがふくらんできます。
20101209_1684585-1
「若紫」は源氏物語のなかで源氏が北山のとある草庵の前を
通りかかると、中から出てきた華麗な少女紫の上を垣根越し
に垣間見るところです。源氏物語絵巻では取り上げられる事
の多い場面です。
手に持っている貝は幅が10cmの桑名のハマグリです。
20101209_1684576
この内側をあらかじめ金箔仕上げにしておきます。細い筆を
使って大まかな形を書いて行きます。
20101209_1684577
庭や部屋の一部に色を置いて行きます。
20101209_1684580
部屋の中から出てきた幼い紫の上を中心に描きます。
20101209_1684583
おおかたの色が全体に付いてきました。庭には桜を描いています。
20101209_1684585
紫の上にも衣服の模様がつき外も庭らしくなってきました。
20101209_1684584
垣間見る源氏の姿も目鼻以外はほぼ出来上がってきました。
20101209_1684585-1
完成した源氏物語絵巻貝合わせ10cm(1組24000円桐箱入り)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL