白地の貝合わせ

幅が3cm程度の天然ハマグリの内側に、手描きで花を描いた貝合わせがようやく完成しました。
何せ暑い中の作業で、ゆっくり時間をかけてやりましたから1ヶ月程かかりました。
胡粉の白地と金箔の色がきらきらしていて、華やかさを出していますし、中に描いた藤や梅の花は、精細に出来たと思います。
この白地の貝合わせは、もう一組の金地の貝合わせを2組にして「紫式部日記」のセットや【小さき物の世界】に使います。
20101209_1685523
これは、1つ1つの貝合わせわが、バラバラにならないように袋に入れて保管し、お雛様と組み合わせる際に中の貝合わせがよく見えるようにしています。
みかわ工房の白地の貝合わせです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL