大正期のローズ色をしたひな箪笥と、ミニュチュアサイズの雛人形を組み合わせ。

雛人形はみかわ工房のミニュチュアサイズのお雛様を使い、雛道具は大正時代に作られたローズ色をした蒔絵ダンスを並べてみました。この3つを並べた幅が45cm、奥行き20,高さが13cmですから、マンションやアパート住まいの方で […]

明治のアンティーク箪笥と小さいお雛様を、赤い縮緬にのせた雛飾りセット

しばらく休んでいたお雛様作りの開始です。この雛人形セットは、以前違うかたちで出していましたが、新しく組み替えて箪笥と、長持ち、小箱の雛道具とお雛様を組み合わせました。 写真でもお分かりのように、雛道具は大きめ(20cm、 […]

新年の「紫式部日記」、源氏物語羽子板が完成しました。

昨年から描き続けていました手描きの羽子板がようやく完成しました。写真は、赤い丹後ちりめんの柄を付けて、羽子板立ての上に置いた物です。羽子板は桐の板に金箔加工をしてその上から手描きで「紫式部日記」の五十日祝いの図を描いてい […]

小箱の中から小さいお雛様が出てきて「雛祭り」

明治期の小箱が出てきたので、この小箱に合わせてひな人形や貝合わせ、こま犬を揃えて小さいひな人形セットを作ってみました。これだとマンションやアパートの狭い空間でも初節句を演出できます。イメージとしてはこの小箱に小さなお雛様 […]

小さいお雛様でミニスペースでもひな祭りが出来ます。

来春の雛祭りの為のお雛様セット「小さき物の世界」が少しずつ出来上がっています。下の写真は、雛道具と手のひらサイズの雛人形を組合わせたもので、全体の幅が40cm、奥行き17cm、高さが15cmのコンパクトサイズです。 &n […]

兜と童で、ミニサイズの端午の節句雛になりました。

もう一つ5月人形を作りました。 童に金箔仕上げの兜を組合わせいます。 桐箱の上に置いたときの大きさが横17cm 高さ17cm、奥行き15cm程度ですから狭い玄関や本棚の隅にも余裕で置くことが可能になりました 桐箱は11× […]

ミニサイズの新しい5月人形です。玄関先やコンソールの上に飾れます

前回作りました「5月人形」に少し改良を加えました。特徴は男の子が金の兜(金箔仕上げ)を持ち、女の子が短い刀(小刀)を持っています。 人形の大きさは、男の子が5〜6cmで、女の子が5cmと小さくしていますから、玄関先や本棚 […]

伊勢物語の貝合わせ

伊勢物語の貝合わせ。姉妹で貝合わせ遊びが出来ます。

「伊勢物語」は、平安時代に歌人在原業平が、短編の文章として書いたものに、時々の画家が物語の一部を描いていますが、なかなか保存のいいものが伝わっていないようです。   私は、高校時代に古文で「筒井つの井筒にかけし […]

花の万葉集、貝合わせセットを制作中です。

この春に制作にかかっていた花づくしの貝桶に、入れる貝合わせを思案中でしたが、ようやく貝合わせが決まりました。   貝合わせの題材は「花の万葉集」になりました。万葉集の中で歌われた春、夏、秋、冬の花を取りあげて金 […]

小さい江戸のアンティーク小箱が出てきました。

最近私のもとに届いた江戸後期の小箱セットです。 1つ1つが10cmにも満たない大きさの物で、木を削って漆を塗り、金具を細工したとは思えないほどの精巧さです。 特にこの「金蒔絵開き箪笥」は、たて9cm横が8、5cmの大きさ […]