雛人形を作る「みかわ工房」のトップタイトル画面

HOME | 貝合わせセット | 6, 棗に源氏物語貝合わせ

貝合わせ+小箱セット

アンティークの小箱に貝合わせを入れてみました。

棗に入った「ミニュチュアサイズの源氏物語貝合わせ」です。

縦8cm、横8cmの棗の中に、大きさが2〜3cm幅のハマグリの中に、「源氏物語絵巻」の5つのシーンを彩色手描きしました。お子様の誕生祝いや、贈り物にお使い下さい。価格72,000円(棗、袋、貝合わせ5組)紙箱入り

棗は、大分県の木工作家に依頼して作ったケヤキ材で、大きさは立て8cm×横8cmです。この棗に、絵具と金箔を使って「立ち雛」を手描きしました。(表面は保護されています)

棗は、大分県の木工作家に依頼して作ったケヤキ材で、大きさは立て8cm×横8cmです。この棗に、絵具と金箔を使って「立ち雛」を手描きしました。(表面は保護されています)

棗から貝合わせの入った袋から貝合わせを出したところです。2〜3cm大のハマグリが5組10枚のハマグリが入っています。

棗から貝合わせの入った袋から貝合わせを出したところです。2〜3cm大のハマグリが5組10枚のハマグリが入っています。

貝合わせの大きさは、2〜3cmの小さいハマグリに金箔仕上げを施して、その上から手描きで描いた物です。

貝合わせの大きさは、2〜3cmの小さいハマグリに金箔仕上げを施して、その上から手描きで描いた物です。

源氏から預かった手紙をもって、玉鬘の所に来た夕霧が、「藤袴(ふじばかま)の花」を御簾(みす)の中に差し入れて歌を詠もうとしているところです。

「藤袴」源氏から預かった手紙をもって、玉鬘の所に来た夕霧が、「藤袴(ふじばかま)の花」を御簾(みす)の中に差し入れて歌を詠もうとしているところです。

「明石」明石を訪れていた源氏は、いよいよ京へ戻る事になります。この日も明石の君のもとへ行って琴を吟ずる明石の君を見ながら、愛おしく思っているところが描かれています。

「明石」明石を訪れていた源氏は、いよいよ京へ戻る事になります。この日も明石の君のもとへ行って琴を吟ずる明石の君を見ながら、愛おしく思っているところが描かれています。

「紅葉賀」源氏が紫の上の君の部屋の前を通ると部屋の中では、紫の上の君が待ちくたびれている様子を見て愛おしくなり、几帳越しに笛を吹いてなぐさめているシーンを描いたものです。

「紅葉賀」源氏が紫の上の君の部屋の前を通ると部屋の中では、紫の上の君が待ちくたびれている様子を見て愛おしくなり、几帳越しに笛を吹いてなぐさめているシーンを描いたものです。

「初音」源氏は、お正月に明石の君のもとへお年賀に出かけますと、そこに母様より新年の品物が届けられており、そこで源氏は母の元へ便りを書くよう進めています。

「初音」源氏は、お正月に明石の君のもとへお年賀に出かけますと、そこに母様より新年の品物が届けられており、そこで源氏は母の元へ便りを書くよう進めています。

「須磨」都を去る事になって、旅立つ前に知り合いの所を訪れ語り合っている内に、とうとう夜が明けそうな気配になり、庭の桜や有明の月が美しく感じられる所です。

「須磨」都を去る事になって、旅立つ前に知り合いの所を訪れ語り合っている内に、とうとう夜が明けそうな気配になり、庭の桜や有明の月が美しく感じられる所です。

貝合わせセットタグ
みかわ工房の貝合わせセットをすべて掲載

江戸の小箱と組み合わせた貝合わせについて説明

江戸の小箱と組み合わせた貝合わせについて説明

みかわ工房の特製桐箱に入れた貝合わせセットについて説明

明治の小箱と百人一首の貝合わせについて解説

江戸の小箱に入れた貝合わせについて説明

棗に入れた貝合わせセットについて解説

江戸の小箱と花の貝合わせについて解説

江戸の棗と貝合わせについて説明

四季の花を描いた貝合わせセットについて説明。

小箱に源氏物語を書いた貝合わせを入れています

小箱に源氏物語を書いた貝合わせを入れています

みかわ工房で制作した源氏物語絵巻五十四帖の貝合わせセットについて

みかわ工房で制作した貝合わせ一覧

みかわ工房で制作した貝合わせ一覧