羽子板に絵を描く、5

童にも色が入り、几帳や格子にも色が付いて宮中らしくなってきました。この段階でやっと少女や姫君たちの髪の色が加わります。この後、姫君たちの一二単衣に地模様が入ったり、建具のあちこちに細かい描写が入っていきます。
みかわ工房で進めている羽子板の制作段階

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL