繊細です。

先月7月に完成した、羽子板の下地です。
1枚の木材から、繊細な模様を付けた地模様を持つ羽子板を見ると、大変だったこともあって、ほーっとします。
みかわ工房の羽子板は、繊細な地模様が上下にあります。
そして、これからはこの羽子板の全面に金箔を張る作業が待っています。この作業もとても神経を使う行程で、風のないところで息を止めて「ハーッ」と一気に張って行きます。
この写真は、金箔で覆われる前の優雅な羽子板のお姿です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL