金が溜まります。

これは、羽子板や貝合わせに金箔を張る際に、余分な所を払った時に出るあまりです。
もったいない気もしますが、余りにも薄くて再度使おうと思っても、しわが出来てしまって箔としては使えません。
みかわ工房の貝合わせなどで余分になった金箔です。
そこで、私は桐箱に桜の花びらを描く際に、花弁の部分に金箔仕上げなどにこの粉泊を使っています。
その他にも、これが無駄にならない様にそこここで使っています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL