羽子板に金箔を貼る

ようやく金箔仕上げの段階まできました。
この作業も非常に神経を使う作業です。1枚の羽子板に、金沢から取り寄せた金箔(1枚11cm角)を2枚貼ります。

20121221_285160 金箔を貼り終えたら、このままにして数日乾燥させておきます。そして、余分な金箔をはがして、ようやく金箔下地の羽子板が完成したことになります。
このように京羽子板は、あらかじめ羽子板の下地に、胡粉や金箔を貼っておいてその上から源氏物語絵巻などを描く場合が多いと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL