雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 羽子板 | 花宴
 

源氏物語絵巻羽子板・花宴(はなのえん)

 
みかわ工房で制作した源氏物語絵巻羽子板「花宴」のシーンで、すべて本物にこだわり、江戸時代の手法をそのまま再現しました。

6、花宴(はなうたげ)

 

貝合わせの解説
春の日に、桜の宴が催され、男性と女性がそれぞれの扇に、自分の歌を詠んで扇を取り替えるという宴があったそうです。
※この画面では、几帳や御簾の色合いを濃いめに描いています。もっと柔らかい色調でといっていただければ、それも可能です。これまでのご要望では、お子様の干支を入れたり、誕生された時の花を入れたりしています。(1,000〜2,000円)ただし名入れは無料です。(桐材に金箔張り、顔彩仕上げ、専用の桐箱入り)
 
特別に入れて欲しい内容などは、「問い合わせ」の覧に記載してもらえれば、おいくらになるかを後日ご連絡致します。
 
みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

 
みかわ工房の羽子板が完成するまでの行程を解説しています。

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

 
みかわ工房が作る羽子板の色調の違いについて説明しています。