雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 羽子板 | 松風
 

源氏物語絵巻羽子板・松風

 
みかわ工房で制作した源氏物語絵巻羽子板「松風」のシーン。

3,松風

 

解説
幼い姫君の住む山荘を訪ねます。幼い姫君を見て思わず可愛らしくなり、頭を撫でようとしているところです。
※当時の部屋は1つの空間が広い為に、人々が住む空間は几帳や御簾で仕切られていて、人目につかないようにされていたようです。源氏が幼子を可愛がっている様子を几帳越しに聞いている紫の上がややすねている表情が見て取れます。これまでのご要望では、お子様の干支を入れたり、誕生された時の花を入れたりしています。(1,000〜2,000円)ただし名入れは無料です。
 
特別に入れて欲しい内容などは、「問い合わせ」の覧に記載してもらえれば、おいくらになるかを後日ご連絡致します。
 
みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

 
みかわ工房の羽子板が完成するまでの行程を解説しています。

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

 
みかわ工房が作る羽子板の色調の違いについて説明しています。