雛人形を作るみかわ工房のトップタグです。
HOME | 羽子板 | 梅枝
 

源氏物語絵巻羽子板・梅枝(うめがえ)

 
4、源氏物語絵巻「梅枝(うめがえ)」の金箔羽子板

4、源氏物語絵巻「梅枝(うめがえ)」の金箔羽子板

 

解説

明石の君が成人の証として裳・も(腰から下に着る衣の事)を着ける儀式の用意に余念がなく、この場面はその前日に「薫物合わせ」といって香を焚く行事が行われている様子を描いています。外で梅の花を摘む童の様子が特徴的な羽子板になっています。


※源氏の前には、文を書いた後でしょうか。硯や紙がおかれています。屋外では返事の手紙に付ける梅の枝を折らせているところが見えます。要望で、お子様にちなんだ花やお名前を画面に入れることができます(無料)
特別に入れて欲しい内容などは、「問い合わせ」の覧に記載してもらえれば、おいくらになるかを後日ご連絡致します。
 
みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。

みかわ工房の羽子板をすべて掲載しているページタグです。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

タグーみかわ工房の羽子板の大きさについて、詳しく説明しています。

 
みかわ工房の羽子板が完成するまでの行程を解説しています。

みかわ工房の桐箱や付属品について解説しています。

 
みかわ工房が作る羽子板の色調の違いについて説明しています。

みかわ工房の貝合わせセットをすべて掲載しているページタグです。