熊本の震災ボランティアに参加

二週間ほど前に、熊本のカヌー仲間から「熊本地震でお世話になっている農家の方を手伝って欲しい」というメールがあり、いろいろとやりとりをした後に、私の住んでいる大分から薪ストーブ仲間3人と共にチェーンソーなどを積んでとりあえず熊本の御船町に向かって出発しました。ルートは久住ーー大観峰ーー大津町ーーー益城町ーー御船町と南下して行きました。10時前には道路の混雑も無く依頼された農家に到着。

御船町の農家の方(中央)私は左側です。
御船町の農家の方(中央)私は左側です。

今回は、震災で被災した方が困っている状況は様々な状況で有ると思います。それを地元や、他の地域からやって来て民間ベースで支援人たちがたくさんいるようです。私はその中の一人から依頼されたわけで、すべてを理解して動くよりも、とりあえず困っている方がいたので、これを支援しようと思います。

この方の場合には、裏山の木が、隣地の畑や建物に倒れかかっていたり倒れたりしないかという不安があるようなので、この不安を取りのぞいてやるようにしました。

まず1本目の木です。ご覧のように極端に傾いて隣の畑や、墓に倒れたりしたら大変です。

P1070694

これが、その動画です。私が全体を見ながら、一人はチェーンソーでカットし、もう一人は奥の方からワイヤーでこの木を引っ張っています。

こうやってもう1本の木も伐採して、この方の東側の木は無事に伐採終了。

休憩後は、納屋の裏側に立っている大きな杉の木が、隣の公民館に倒れたらいけないと言うことで、これを反対側の山に向かって伐採します。

P1070711

地震で周りの墓や石組みがずいぶん壊れています。

これで依頼された伐採は無事に終わり、この農家の方も安心されたようです。この日はこれで終わりましたが、ボランティアは明日も続きます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL